赤ちゃんのための食育通信 vol.1「離乳食の進め方」

離乳食は、赤ちゃんに合わせてゆっくり楽しく!

離乳食とは、赤ちゃんが「母乳」から「ごはん」を食べることで栄養を摂るための練習期間です。生後5~6ヵ月頃からはじまり、成長ペースに合わせて1年間ゆっくりと行います。ごはんを通じてバランスよく栄養摂取ができ、健康を維持できます。個人差があるので焦らず、赤ちゃんが「食べるのは楽しい!」と感じるように楽しく進めましょう。


離乳食の進め方のキホン

STEP1


初期(5~6ヵ月頃)


▶︎1日1回~2回食


なめらかにすりおろしたものを「ごっくん」と飲み込む時期

主食(炭水化物)…10倍がゆ、うどん、食パン
主菜(たんぱく質)…白身魚(たい、かれい、ひらめなど)、しらす干し、ゆでた豆腐など
副菜(ビタミン&ミネラル)…にんじん、かぼちゃ、いも類、 大根、キャベツ、トマト、かぶ、白菜、小松菜、ほうれん草などクセのない野菜、バナナ、 りんご、いちご


STEP2


中期(7~8ヵ月頃)


▶︎1日2回食


舌とあごでつぶせるものをもぐもぐ食べる時期

主食(炭水化物)…7倍がゆ、やわらかくゆでて刻んだマカロニ
主菜(たんぱく質)…鶏ささみ、鮭、マグロ、高野豆腐、ゆでたひきわり納豆、ツナの水煮缶、卵黄、プレーンヨーグルト、カッテージチーズ
副菜(ビタミン&ミネラル)…きゅうり、なす、チンゲンサイ、わかめなどの海藻類


STEP3


後期(9~11ヵ月頃)


▶︎1日3回食


歯ぐきでつぶして食べるようになり、手づかみ食べもはじまる時期

主食(炭水化物)…5倍がゆ、軟飯、スパゲティ
主菜(たんぱく質)…全卵、レバー、鶏肉、豚ひき肉、赤身の牛肉、さわら、あじ、めかじき、粉チーズ、プロセスチーズ
副菜(ビタミン&ミネラル)…グリーンアスパラガス、もやし、ねぎ、ピーマン、ひじき、青のり、焼きのり


初期におすすめのレシピはこちら

・トマトのパンがゆ

関連記事

ページトップへ