肌トラブルの原因! 赤ちゃんの”汗”そのままにしていませんか? <助産師監修>

暑い季節はもちろんのこと、涼しい時期でも赤ちゃんが汗っかきなのはどうしてでしょう?
皮膚がデリケートな赤ちゃんのためにも、赤ちゃんが汗っかきな理由とそのケア方法について理解しておきたいですね。
あせもや肌荒れの原因、赤ちゃんの汗について助産師の先生にお話をうかがいました。

どうして赤ちゃんは汗っかきなの?

 

暑い夏はもちろんのこと、冬場でも外から室内にはいったとたんに汗をかいたり、寝汗をかいたりと、赤ちゃんは季節を問わず汗っかき。

どうしてなんでしょう?

それは、赤ちゃんの体のことを知るとわかります。

まず、赤ちゃんは体温の調節機能が未熟なので、汗をかいて熱を体の外に放出することでしか体温調整ができません。

さらに体の皮膚の表面積は大人の 1/6 程度なのに、汗を出す「汗腺」の数は大人とほぼ同じだけあるのです。

つまり、汗腺が密集しているのです。新陳代謝も活発なので、とても汗っかきなんですね。

<汗っかき赤ちゃん、その理由>
1)体温調整
2)汗線の数
3)新陳代謝

 

汗が刺激になって、あせもや肌トラブルの原因に!

汗をそのままにしておくと、汗の成分が肌を刺激してあせもになってしまったり、皮膚がかぶれてしまいます。
そのワケは、汗には塩分や雑菌、アンモニアなどの尿素や老廃物といった、肌を刺激する成分が含まれているから。

こうした成分による刺激で、肌がかゆくなってしまうのですが、赤ちゃんはかゆみをがまんできないので、そうなる前のケアが大切。
汗をかいたらシャワーなどでスッキリ流してあげるのが理想的ですが、なかなかそれも難しいですよね。

そんなときは、汗をかいたらすぐに拭いてあげるようにしましょう。
暑いシーズンはこまめに着替えさせてあげるのもいいですね。涼しい季節でも室内が暑いとすぐに汗をかくので、こまめに衣類で体温調節をしてあげるようにします。

また、汗で濡れた衣類を着続けていると体が冷えてしまうことがあるので要注意です。

こんなところにあせもはできる!

ひたいや頭部、うなじや首、ひじの内側やひざの裏、おつむのあたる腰回りや足の付け根などに、あせもができていないかチェックしてみましょう。

赤ちゃんの汗ケアポイント

室内でもおでかけ先でも、 赤ちゃんが汗をかいていないか、 チェックする習慣をつけましょう。

STEP1)汗をかいていないかな? 汗をチェック!

首まわりや背中はじっとりしていないかな? えり元や背中に手を入れて、汗をかいていないかを確認♪ スタイやおむつを変えるときにも一緒にチェックしてみましょう!

STEP2)汗をかいていたら、そのままにしないで!

まずは、柔らかく吸水性のよいタオルやガーゼでこまめに汗を拭きます。こすらず、ぽんぽんがポイント!

汗で濡れた肌着や衣類はそのままにせず、替えさせましょう。吸水性や肌触りがよい綿素材がおすす めですが、同じ綿でも織り方や機能がさまざま。 春夏は通気性のよいものを選びましょう♪

汗をかくといつの間にか体の水分が失われるので、こまめに水分補給することも忘れずに。

夜〜寝るときのひと工夫

薄手のタオルやガーゼを肌着と背 中の間に入れて、汗で濡れていたらそっと抜き取るようにしてみましょう。
この方法なら、赤ちゃんを起こさずに汗のケアをしてあげられますよ♪

天使の羽など、かわいいデザインがほどこされた「ベビー用汗取りパッド」もあります。

寝汗対策としてだけでなく、外出先で着替えが難しい時などにも活用できそうです。抱っこ紐やベビーカー、チャイルドシートなどを使う時も汗をかきやすいので、汗取りパッドが便利です。

かぶれやあせもを防ぐためには肌着選びが大切です

肌着は「セカンドスキン」ともいわれていることを知っていますか?

汗をかきやすい赤ちゃんは、暑い時期にも吸水性のある肌着を着た方が汗対策になりますよ。

月齢や発達によって、肌着の種類を変えましょう。

新しい衣類は「水通し」も忘れずに!
CLICK▶︎「水通し」知ってる?やり方&準備するものリストまとめ〜先輩ママのアドバイス付き
水通しの際は、洗剤選びも大切です♪
CLICK▶︎「赤ちゃん用洗剤」使うべき? 使わなくても大丈夫? 先輩ママはどうしてる?何が違うか調べてみた!

種類

短肌着(0~3ヶ月頃) 首がすわる前の赤ちゃんには、着替えさせやすい前開きのものがよいでしょう。

コンビ肌着(3、4ヵ月頃~) 手足をバタバタ動かす頃は、脚を分けて留められるコンビ肌着がはだけにくくて◎。

ボディ肌着(6、7ヵ月頃~) おすわり、ずりばいなどをはじめたら、動きやすいタイプに。

素材

吸水性や肌触りがよい綿素材がおすすめ。 同じ綿100%でも、織り方により保温性が変わります。 

秋冬は厚手のタオル地のようなもの、春夏は通気性のよいガーゼ地がおすすめです。

プレゼントキャンペーン最新情報

 

<こんな記事も読まれています!>
汗対策にもなる「肌着選びのこだわりポイント♪」

赤ちゃんが泣き止む⁈正しい抱き方&失敗しない抱っこひも選び

抱っこひもの選び方〜先輩ママアンケート&口コミ調査はこちら♪

 

監修:坂田清美先生

助産師。病院、助産院勤務、新生児訪問等を経て、現在は帝京平成大学で看護学生・助産師学生の指導・育成にあたっている。

イラスト:はいの

この記事は非公開です。

閲覧にはパスワードが必要です。

{{ articleCardMessage }}

Follow
Us!
冬のプレゼントキャンペーン2021 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円