誰もがなりうる産後うつ。ツラいなと思ったら、パパや家族に話して!

赤ちゃんが生まれてきてくれてうれしいはずなのに、最近なんだか気分が落ち込んだり、すぐにイラついたりしちゃうな……と感じているママはいませんか?  

産後は、多くのママが情緒の不安を感じています。慣れない育児に戸惑っているというだけでなく、体が重く感じたり、パパのちょっとした言葉にイラっとしたりとさまざま。 これは、出産によるホルモンバランスの変化などによって気分の落ち込みが表れる「マタニティブルーズ」と呼ばれるもの。


一時的なものなので、時間の経過とともに自然に落ち着いてくるのが一般的です。 ただ、パパや周囲の人が、ママの体にはそうしたホルモンバランスの影響が表れることを知らないでいると、ママが落ち込んだり、イラっとしたときに、ママの言動を真に受けてさらに会話や関係がこじれたり、ケンカの原因になってしまうことがあります。

ですから、気持ちが落ち着いているときに、「産後はホルモンバランスが崩れていて、ちょっとしたことでイラついたりしちゃうらしいの。いつもの私とは違うかもしれないけれど、ホルモンのせいだから」と伝え、ママのホルモンバランスの変化について理解してもらえるようにするといいですね。 


人によっては、出産直後は安定していたのに、1カ月以上たってから、情緒が不安定になる場合もあります。 このマタニティブルーズが2~3週間以上続いた場合は「産後うつ」の可能性も。ママ自身は、ベビーのケアを頑張りたいと思っているのに、心と体がついてこない状態になり、情緒が不安定になるだけでなく、食欲不振、睡眠不足といった症状も表れるでしょう。 


そうしたときこそ、一人で頑張らないで、辛い状態をパパや周囲の人に打ち明けて、ゆっくりと過ごすようにしましょう。早めに保健師や助産師にも話を聞いてもらえるように、産後ケア施設の利用を検討しましょう。外出して受診するのが大変なら、自治体の子育て支援センターなども電話で相談にのってくれますよ。早期の治療が、早期の回復につながります。 

7~10人に一人は産後うつになるとされていますから、誰にでもなりうるものです。一般的なうつと違い、一時的なものですから、あまり心配しないようにしましょう。パパもなれない育児を頑張りすぎて産後うつになる人もいるので、パートナーとしてお互いに気持ちを打ち明けられる関係でいられることが大切ですね。 一人で頑張ろうとしたり、完璧主義の性格の人はなりやすい傾向があります。

思った通りにいかないのが育児ですから、うまくいかないこと、パーフェクトにできないことがあっても、大目に見れるといいですね。 

関連記事

ページトップへ