【後期以降の取り分け離乳食にも◎】レンジで親子丼|ボウル1つで作れる栄養満点レシピ

【後期以降の取り分け離乳食にも◎】レンジで親子丼|ボウル1つで作れる栄養満点レシピ
2024/02/07 2024/02/14 太田菜津美 太田菜津美

取り分けて後期以降の離乳食としてあげてもOKな、シンプルでやさしい味わいの親子丼です。取り分ける前提で作る場合は、できるだけ良質な白だしを選び、月齢に合わせて小さく切ったり、ごはんのかたさを調整したりしましょう。

監修
岡本 正子先生
岡本 正子|管理栄養士・国際薬膳師

管理栄養士。東京生まれ。明治大学第二文学部卒業。3人の子育てをしながら栄養学を学ぶ。矢島助産院で日々、妊婦さんや産後ママのための食事を担当する傍ら、企業や雑誌などで離乳食の監修やママのための食に関する講演・講習会などを各地で行う。著書に『妊娠・授乳中の気になる症状改善レシピ200』(日東書院)ほか

 

レンジで親子丼の作り方を動画でCHECK!

調理時間:約6分

材料(1人分)

温かいごはん お茶碗1杯分
鶏こま肉 60g
卵 1個
カット済みの小ねぎ 適量
白だし 小さじ2
ほうれん草(冷凍) 適量

作り方

 耐熱ボウルに鶏肉、小ねぎ、白だしを入れる。ラップをして、600Wの電子レンジで2分加熱する。取り出して上下を返し、さらに1分加熱する。

 溶き卵を回し入れてさっくりと混ぜる。ほうれん草をのせて、ラップをしてさらに1分加熱する。取り出してラップをしたまま1分ほど蒸らす。

 器にごはんをよそい、をのせる。

レンジで親子丼の栄養ポイント

たんぱく質や必須アミノ酸など、健康な体づくりに欠かせない栄養素をたくさん含む卵ですが、ビタミンCと食物繊維は含んでいません。卵に含まれないこの2つの栄養素を補ってくれるのがほうれん草。卵とほうれん草を組み合わせることで、栄養バランスもばっちり!

 

特集

Event

インスタライブ

機能がすごい最新ランドセル!おトク情報も♪

開催日:6月13日(木)11:15〜

プレゼント付きインスタライブ

ママの声を元にベビー&キッズ肌着リニューアル♪

開催日:3月25日(月)11:00〜

会員限定キャンペーン