妊娠中に薬を服用するときの注意点 体調不良時の対処法は?【助産師監修】

妊娠中に体調不良になり、薬を飲みたいときが来ることもあるかもしれません。
しかし、むやみやたらにお薬を服用するのは禁物。
妊婦さんが飲んでもいい薬なのか、慎重に判断する必要があります。

また、体調の変化についても注意が必要。
「これくらい大丈夫…」と思っていると、悪化してしまう可能性も。

妊娠中に体調不良になったときの薬の服用方法や、病院を受診するタイミングについて、
助産師である坂田清美先生に監修いただきながら解説していきます。

【症状別】妊娠中のお薬の服用や受診についての判断方法

妊娠中のお薬の服用には、十分気をつける必要があります。

そこで、体調不良の症状別に気をつけるべき点を解説。体調を崩した際は自己判断せず、「この薬って飲んでもいいのかな?」と一度立ち止まることが大切です。

また、体調を崩したら我慢のしすぎは禁物。どのくらいで病院に行けばいいのか、受診するタイミングの目安もあわせてご紹介します。

 

せき・鼻水

【お薬の服用で気をつけること】

医師や薬剤師に相談してから服用しましょう。妊娠前に普段から飲み慣れている薬がある場合も相談しておいた方が安心です。

【受診するタイミングの目安】

せきが出る場合、せき込むたびにおなかに力が入るのでママにも赤ちゃんにも負担がかかります。せきが止まらず、なかなか治らない場合は受診をおすすめします。
また、鼻水が出る場合、鼻がつまって息苦しかったり、発熱や倦怠感など別の症状がある場合は無理せず受診しましょう。

頭痛

【お薬の服用で気をつけること】

日頃から偏頭痛もちなどで飲み慣れている頭痛薬があっても、妊娠中は使用できない場合があるので注意しましょう。まずは医師や薬剤師に相談をしてください。

【受診するタイミングの目安】

休息をとっても治らない、妊娠中でも服用できる頭痛薬を飲んでも治らない、くり返し頭痛が起こるようであれば、すみやかに受診してください。

発熱

【お薬の服用で気をつけること】

妊娠中も使用できる解熱剤はあるものの、熱の原因を解消するわけではないので、熱出たからといってすぐに解熱剤を服用するのはおすすめできません。

【受診するタイミングの目安】

高熱が出たり、微熱が長引いたりする場合は受診しましょう。風邪の引きはじめで、休息と栄養をとって回復する程度であれば、まずは様子をみましょう。

下痢

【お薬の服用で気をつけること】

下痢は腸に止めておくべきでないものを体外に出そうとしている状態なので、薬で無理に止めないほうが良い場合も。また、切迫流早産の徴候として下痢っぽいと感じることもあり、整腸剤・下痢止めの服用は医師や薬剤師に相談を。

【受診するタイミングの目安】

水様便が何度も出る場合は、流行性の胃腸炎の疑いや、脱水症になる可能性もあるので受診を。いつもより便が少しゆるい程度で、すぐに治まるようであれば様子をみましょう。

 

腹痛

【お薬の服用で気をつけること】

妊娠中でも服用できる薬はありますが、おなかが張って切迫流早産になっている可能性もあるため、自己判断はNGです。

【受診するタイミングの目安】

切迫流早産などの疑いもあるので、「ただの腹痛だし…」と自己判断せず、すみやかに受診してください。

妊娠中に病院を受診するときの注意点

母子手帳

まずは妊婦健診を受けている産婦人科や助産院に相談を。ほかの医療機関の受診をおすすめされたら、必ず医師に「妊娠中」と伝えてください。

<主な持ち物>

  1. 母子手帳・保険証
  2. 症状経過を書いたメモ
  3. お薬手帳

<医師に伝えること>

これまでの妊娠経過と、服用した薬の名前

\感染対策はこちらもチェック/

坂田 清美(さかた きよみ)先生

助産師。病院、助産院勤務、新生児訪問などを経て、現在は帝京平成大学で看護学校・助産師学生の指導・育成にあたっている。

イラスト/きどふみか

Follow
Us!