妊婦生活を最大限楽しむコツとは? 貴重な10ヵ月を充実させる7つの方法

妊婦になったら生活がいきなり変わるというわけではないものの、今までとまったく変わらない生活とはいきません。
赤ちゃんのため、そしてママのために体調を見ながら過ごす必要があります。
とはいえ神経質になり過ぎも禁物。今しかない妊娠中の毎日を楽しみながら、無理のない生活リズムや習慣を作っていくためのヒントにしていただけるとうれしいです。

妊婦生活を最大限楽しもう

妊婦生活を最大限楽しもう

妊婦になると生活で気をつけなければならないことがたくさん。おなかを刺激しないようにしなきゃ、栄養を取らなきゃ……と、あらゆることが制限されて過ごすストレスを感じているママも多いのではないでしょうか。

もちろん気をつけたほうがいいことはありますが、何もせずじっと過ごす必要はありません。赤ちゃんを迎えるための10ヵ月は、ママにとって貴重なもの。子どもが生まれて日常生活が変わる前に、自分らしい楽しみ方をしてみませんか?

そこで今回は、妊娠中のプレママさんにおすすめしたい妊婦生活の楽しみ方をあらゆる角度からご提案させていただきます。おなかの張りやつわりなど、ご自身の体調と相談しながら挑戦してみてください。

妊娠中のプレママ生活の楽しみ方7選

妊娠中のプレママ生活の楽しみ方

ではさっそく、プレママ生活を楽しむ方法をひとつずつご紹介していきます。

育児用品を揃える

育児用品・ベビー用品を揃えるのは妊娠中がベスト。
赤ちゃんが生まれてくると、ゆっくりと育児に必要なグッズを選ぶ時間が作れなくなってしまいます。今のうちにお気に入りのベビーグッズを揃えておきましょう。生まれてくる赤ちゃんのためにいろいろと揃える時間は、とても幸せなものになるはずです。

妊娠中に準備しておきたい出産準備品については、こちらの記事も参考にしてみてください。
出産前に準備してよかった!ママが体験から考えた出産準備品リスト

多くのベビー用品はお譲りや購入がメインになるかと思いますが、時間があるときは手作りするのもおすすめ。手を動かすことでストレス解消にもなります。赤ちゃんのスタイやおくるみ、おもちゃなど、簡単なものからぜひ挑戦してみてくださいね。

先輩ママやプレママ友達と話す

特に初めての妊娠であれば、ちょっとした疑問や不安がたくさん出てくるでしょう。体調などの不安は産婦人科で解決することをおすすめしますが、ちょっとした悩みであれば気軽に先輩ママに聞ける環境があるとストレスを溜め込まずにすみます。

まわりに先輩ママがいる場合は、思い切って頼ってみましょう。もしいなくても大丈夫。地域で開催されているスクールなどで交流することもできます。

また、今はママ友や先輩ママともアプリで出会える時代です。登録/利用は無料で、月齢の近いお子さんがいるママや、住んでいる地域が近いママとつながることができます。いくつかご紹介しますので、ママ友を作りたい方はぜひ登録してみてください。

<ママ友と繋がれるアプリ>

 

また、先輩でなくても、同じように妊娠生活を過ごしているプレママと交流するのもおすすめ。共感してくれる人がいるだけで気持ちが軽くなります。これまであまり交流のなかった人と妊婦あるあるで盛り上がれる可能性もありますよ!

ぜひランチやお茶、流行りのヌン活(アフタヌーンティーを楽しむ活動)などでリラックスしながら話す機会を作ってみてください。

散歩やマタニティヨガ、ストレッチで体を動かす

マタニティヨガをする妊婦

妊娠中は肩こりや腰痛といった体の変化に悩むことも。とはいえ体を動かしすぎるのは怖いし……と運動を敬遠されているママもいるかもしれませんが、無理ない範囲であれば体を動かすことが悪とはなりません。胎児の状況や体調を見ながら、適度な運動を取り入れてみましょう。気持ちもスッキリしますし、体重を増やしすぎないためのダイエットにも効果的です。

おすすめは散歩やストレッチ。妊娠中にしかできないことに挑戦したいのであれば、マタニティヨガもおすすめです。ヨガ教室等に通えば同じくプレママさんが参加しているので、友達が作れるというメリットもあります。

妊娠中におすすめのおうちでできるストレッチは、babycoでもご紹介しているのでぜひチャレンジしてみてください。
CLICK▶︎妊娠中におすすめのストレッチ〜初期、中期、後期〜プレママ現役ヨガ講師が提案!

おしゃれなマタニティウェアを楽しむ

お腹を圧迫してしまう、サイズ感が変わったということが原因で今まで着ていた服が着られなくなることもあるでしょう。
それを嘆いてばかりではもったいない! 妊婦という状況を楽しむため、おしゃれなマタニティウェアを探してみましょう。最近はプチプラのマタニティウェアもたくさん発売されています。

マタニティウェアは妊婦に優しい設計になっているので、圧迫感がないのが一番の特徴です。きつい服を無理に着ていると体調不良にも繋がりますので、サイズ感や圧迫につらさを感じたらぜひマタニティウェアに切り替えてみてください。

パパと2人の時間を過ごす

赤ちゃんが生まれたら、パパと2人で過ごす時間は減ってしまいます。今のうちに2人で行ってみたかったお店や観光スポットを巡っておきましょう。妊婦のうちに旅行を楽しみたいと、「マタニティ旅行(マタ旅)」という言葉もあるほど。妊娠初期や妊娠後期は旅行を控えたほうがいい場合もありますので、心配な方は産婦人科の先生に相談してみてください。

今しかない夫婦の時間。ぜひ思う存分楽しんでみてくださいね。

こんな記事も参考に
CLICK▶︎プレママ体験レポ「パパと特別記念デート♡小田原リゾート&スパ」
CLICK▶︎たまには2人の時間を過ごそう♪映画館や自宅で!夫婦で観たいおすすめ映画

1人の時間を楽しむ

夫婦2人の時間だけでなく、1人の時間を楽しめるのも今のうち。子どもが生まれると目を離せなかったり、スキマ時間は家事をしたり……1人でゆっくりする時間を捻出することが難しくなってしまいます。趣味や美容の時間に使う、買い物に出かける、仕事に打ち込むなど、自分らしく過ごす時間を思う存分作ってみましょう。やってみたいことをリストアップして、1つずつ挑戦するといった楽しみ方もいいですね。

 

マタニティフォトを撮ってみる

マタニティフォトは妊婦の間にしかできないこと。ちょっとでも興味があるのであれば、貴重なこの機会にぜひ挑戦してみましょう。

マタニティフォトを撮ってくれるスタジオもたくさんありますし、セルフで撮影するのもおすすめ。自分で定期的に写真を撮っておくと、おなかの赤ちゃんの成長を実感することができます。

マタニティフォト用にかわいいウェアを揃えるのもワクワクのひとつですね!

マタニティフォトを撮ったプレママさんの実体験レポはこちら
CLICK▶︎マタニティフォトをおしゃれに!~撮影アイディアとフォトアイテムのプレママ体験記録~

ほかのママたちはどうしてる? アンケートをとってみました!

babyco公式インスタグラム
「出産前にやっておきたいことってどんなこと?」とアンケートをとってみました!
(アンケート集計2021年12月)

旦那と食べ歩き♪
夫婦ふたり旅!
とにかく出かける!笑 たくさん友だちと会ったり、旦那と出かけたり!
カメラの準備と、産まれた時に撮る写真のプレートなどを準備!
ひとりでお出かけ♪
上の子との時間を大切に使う。上の子とふたりで旅行したりホテルのレストランに行ったりしてます☆

貴重な10ヵ月を無理なく楽しんで!

貴重な10ヵ月を無理なく楽しんで!

体調が第一ではありますが、しっかり気をつけていれば妊娠中にも楽しいことはたくさんできます。安静にしていなきゃと考えすぎること自体がストレスになってしまうことも。赤ちゃんとからだの変化にはしっかり注意しながら、貴重な10ヵ月を楽しむ工夫をしてみましょう。

Follow
Us!
春のプレゼントキャンペーン2022 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円
春のプレゼントキャンペーン2022 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円
春のプレゼントキャンペーン2022 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円