妊婦さんは珈琲を飲んでいいの?赤ちゃんへの影響はない?カフェインとの付き合い方とは

妊娠中は、控えた方がいい食事や飲み物がいろいろとありますね。
そのなかでもカフェインを含む珈琲などは、飲んではいけないのか、適量であれば飲んでよいのか気にしている妊婦さんもいるかもしれませんね。
とはいえ、息抜きのひとつとして珈琲を楽しみたい妊婦さんも多いはず。
そこで、正看護師・保健師の資格をもつプレママライターが、カフェイン摂取によるリスクやその理由、代表的な飲み物の1日の摂取目安をまとめてみました。

妊娠中のカフェイン摂取によるリスク

集中力を高め、リラックス効果をもたらすといわれている珈琲。
でも、妊婦さんが過剰にカフェインを摂取した場合、赤ちゃんにどのような影響があるのか心配ですよね。

そもそもカフェインにはどのような作用があり、どうして妊娠中は制限が必要なのでしょうか。

 

カフェインとは

カフェインとは、珈琲豆やカカオ豆などに含まれている食品成分のひとつです。
代表的な飲み物には珈琲や紅茶がありますが、実はウーロン茶や市販のエナジードリンクにも含まれています。

そのため、事前にカフェインを控えた方がいいと知っていた妊婦さんでも、知らず知らずのうちに「カフェインが多く含まれている飲み物を飲んでいた!」ということも。

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られていますが、カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。消化器管の刺激により下痢や吐き気、嘔吐することもあります。
長期的な作用としては、人によってはカフェインの摂取によって高血圧リスクが高くなる可能性があること、妊婦が高濃度のカフェインを摂取した場合に、胎児の発育を阻害(低体重)する可能性が報告されています。
引用:カフェインの過剰摂取について−農林水産省

ポイントは「過剰摂取」というキーワードです。

妊娠中であっても、適度な量であればカフェインを禁止する必要はなく珈琲を楽しむことができるんです。

この後、1日のカフェイン摂取量の目安や注意点などをお伝えしますね!

 

赤ちゃんへの影響

そもそもどうして妊娠中に珈琲などのカフェインを控えたほうがいいと言われているかというと、カフェインには、血管を収縮させる作用があります。
そのため、妊婦さんが過剰に摂取するとお腹が張りやすくなり、流産・早産・死産のリスクが高まるといわれているからなんです。
また、2008年の英国食品基準庁(FSA)の発表では、赤ちゃんが低体重で生まれてきたり将来の健康リスクが高くなる可能性があるとしています。

参考サイト:
国立開発研究法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
内閣府食品安全委員会

 

知っておきたい! 妊娠中のカフェインとの付き合い方

カフェインの過剰摂取が、妊婦さんや赤ちゃんに与える影響についてはおわかりいただけましたか?

しかし、影響があるからといって妊婦さんはカフェインを禁止しなければいけないというわけではありません

1日の摂取目安の上限はさまざまな機関が発表していますが、多少カフェイン量の数値は異なります。
妊婦さんの体形や健康状態には個人差があるので、だいたいの目安を把握しておくといいですね。


<珈琲・カフェインの1日の摂取目安>

組織・機関名

推奨量

世界保健機関(WHO)

 珈琲1日3~4杯

英国食品基準庁(FSA)

 珈琲2杯程度 カフェイン200㎎

カナダ保健省(HC)

 珈琲をマグカップで約2杯 カフェイン300㎎ 

 

<代表的な飲み物とカフェインの含有量>

種類

珈琲

 60㎎/100ml 

インスタント珈琲

 57mg/100ml

紅茶

 30mg/100ml

玉露

 16mg/100ml

煎茶

 20mg/100ml

玄米茶

 10mg/100ml

ほうじ茶

 20mg/100ml

ウーロン茶

 20mg/100ml

エナジードリンクまたは
眠気覚まし用飲料

 32~300mg/100 mg 

参考サイト:
内閣府食品安全委員会
厚生労働省

カフェインの1日の摂取目安と照らし合わせてみると、適度であればカフェインを含んだ飲み物を飲んでもいいことがわかりますね!

少しホッとしている妊婦さんもいるのでは?

 

カフェインを摂るときの注意点

珈琲などカフェインの入った飲み物を飲むときの注意点もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

①飲み物全体のカフェイン量 

市販のエナジードリンクは、カフェインの含有量を100mlあたりで書いてあることが多いです。
缶や瓶で換算すると、1本あたりのカフェイン量が珈琲2杯分に相当する商品もあるため、注意して成分表を見てみましょう。

また、飲み物のカフェイン含有量の表示は義務化されておらず、表示されていない商品もあります。そのため、「気づかぬうちにカフェインを摂取していた」なんてことも。カフェインの量をインターネットに掲載しているメーカーもあるので、気になったら検索して調べてみましょう。

参考サイト:
内閣府食品安全委員会
独立行政法人国民生活センター  


②医薬品との併用

 医薬品の中にも、カフェインが入っているものがあるのはご存じですか? 内服しているお薬の内容を知らずにカフェインが含まれている飲み物と一緒に摂取すると、1日のカフェイン摂取目安をオーバーしてしまう可能性がありますので注意が必要です。医薬品の添付文書に注意喚起が記載されているので、よく読んで正しい用法・用量を守りましょう。

参考サイト:厚生労働省 


③貧血 

珈琲に含まれているタンニンという成分は、鉄と結合して鉄の吸収を妨げるはたらきがあるため、貧血の方に珈琲はよくないといわれています。病院で貧血の診断をされたことがある妊婦さんは、かかりつけの先生に確認をして自己判断でカフェインを摂取しないように気を付けましょう。

参考サイト:公益社団法人千葉県栄養士会

 

それでも心配な妊婦さんの強い味方「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」

妊娠中は珈琲などのカフェインを飲んではいけないとストレスを感じていた妊婦さん!
こうして調べてみた結果、妊娠中も気をつければ珈琲を飲んでも大丈夫なことがわかりましたね。

とはいえ、赤ちゃんへの影響がやっぱり心配でカフェインを避けたい&控えたい妊婦さんもいらっしゃいますよね。

カフェインは、飲み物だけではなくチョコレートなどの食品にも含まれています。

そのため、実際1日の正確な摂取量を把握するのは難しいことも。
カフェインの摂取に抵抗がある妊婦さんや、1日の摂取目安をオーバーしてしまいそうな妊婦さんは、カフェインの含有量が少ない飲みものやカフェインを含まない飲みものに置きかえてみてもいいかもしれませんね。

今は妊婦さんでも飲める商品を販売しているお店も増えているため、お気に入りの飲み物を見つけてみるのもおすすめです。

 

カフェインが気になる妊婦さん向けの飲み物

珈琲ショップや珈琲チェーン店で「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。カフェインの含有量によって飲み物の呼び方が異なりますので、それぞれ違いをおさえておきましょう。

・デカフェ :カフェインを含んでいる飲み物からカフェインを取り除いたもの 。全くカフェインを含まないわけではありません。
・カフェインレス: カフェインの含有率が0.1%以下のもの。
・ノンカフェイン:カフェインが全く含まれていないもの。

 

ノンカフェインの飲み物

全くカフェインが含まれていない「ノンカフェイン」の飲み物には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

代表的なものをまとめましたので、ぜひ選ぶときの参考にしてみてください。

 

珈琲:たんぽぽ珈琲、玄米珈琲など 
緑茶と玄米をブレンドした玄米茶にはカフェインが含まれていますが、玄米珈琲にカフェインは含まれていません。 

紅茶 :ルイボスティーなど 
ブレンドによって作用が異なるため、ハーブティー専門店や専門家がいるお店で慎重に選びましょう。 

お茶 :麦茶、そば茶、黒豆茶、ごぼう茶、よもぎ茶、あずき茶、はと麦茶、コーン茶、など

 

いかがでしょうか。

妊娠中の食べ物や飲み物の制限は、ストレスになることがあると思います。

1日のカフェイン摂取目安を参考に好きな飲み物を飲んでリラックスし、快適なマタニティライフを過ごしてみませんか。

 

イラスト/metamorworks

この記事は非公開です。

閲覧にはパスワードが必要です。

{{ articleCardMessage }}

Follow
Us!
冬のプレゼントキャンペーン2021 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円
冬のプレゼントキャンペーン2021 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円
冬のプレゼントキャンペーン2021 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円