【取り分けOK】妊娠中&産後に食べたい和・洋・中の鍋レシピ 〜お魚・その他の食材 編〜

日替わりで和風・洋風・中華風の味が楽しめる、妊娠中や産後のママにうれしい鍋レシピをご紹介します♪ 紹介するのは、野菜と「お魚・その他の食材」を中心としたレシピです。

鍋は、野菜や肉・魚をモリモリ食べられて、いろいろな食材の栄養をまとめて摂れちゃうのがいいところ。ママやパパ、子どもたちの体を温めてくれて、食卓の雰囲気もあったかくしてくれます。切った具材を入れて煮たら完成!なので、普段料理をしないというパパもぜひチャレンジしてみて♪

レシピを教えていただくのは、babycoママから大人気! 身近な食材で、作りやすくておいしいレシピをご考案くださる管理栄養士の岡本正子先生です。

和・洋・中の鍋レシピ 〜お魚・その他の食材 編〜

メインの具材に野菜のほか、お魚や冷凍ぎょうざなどをたっぷり使った、体が温まる鍋レシピをご紹介します。赤ちゃんも一緒に食べられるように、それぞれのレシピに「取り分けPOINT」をつけています♪ お子さんの月齢に合わせて食材を刻むなどして、ご調整ください。

 

たらときのこのみぞれ鍋(和風)

たらときのこのみぞれ鍋

材料(2人分)
お好きなきのこ類(今回はしいたけ、しめじ、なめこを使用) 合計で200g
ねぎ 1/2本
たら 2切れ
大根おろし 150g
水 500ml
白だし 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
片栗粉 大さじ1
鍋用のしゃぶしゃぶもち 適量

作り方
 きのこは石づきを取り、食べやすい大きさに切る。ねぎは2cm幅に切る。
 たらは3等分に切り、片栗粉少々(分量外)をまぶす。
 鍋に水、を入れて火にかけ、白だし大さじ1を加えて5分煮る。大根おろしに片栗粉を加えて混ぜ、鍋に入れる。残りの白だし、しょうゆを加えて味をととのえる。
 鍋用のしゃぶしゃぶもちを入れて、3〜4分煮込む。

取り分けPOINT
で5分煮たら、たらとおつゆを取り分ける。おかゆや軟飯を入れて、雑炊にしてもおいしい。
※おもちは粘り気が強くのどに詰まらせる可能性があるため、赤ちゃんにはあげないようにしましょう。

調理&栄養POINT
きのこ好きのママ・パパにはたまらない、きのこの旨みたっぷりの和風鍋! きのこ類にはビタミン類や食物繊維、ミネラルがたくさん含まれているほか、カロリーが低いのでダイエット中にもおすすめです。大根おろしを入れることで、よりさっぱりとした味わいを楽しめます。

 

鮭とトマトのパスタ鍋(洋風)

鮭とトマトのパスタ鍋

材料(2人分)
生鮭 2切れ
じゃがいも 1個(80g)
玉ねぎ 1個(130g)
早茹でマカロニ 70g
水 200ml
トマトジュース 200ml
鶏がらスープの素 大さじ1
塩 小さじ1/2
こしょう 少々

作り方
 鮭は4等分に切る。
 じゃがいもは皮をむいて1cm厚さのいちょう切りにする。玉ねぎは2mm幅の薄切りにする。耐熱容器に入れてフタをし、600Wの電子レンジで4分加熱する。
 鍋に水、、鶏がらスープの素を入れて5分煮る。トマトジュース、、マカロニを入れてさらに6分煮る。塩、こしょうを加えて味をととのえる。

取り分けPOINT
で6分煮たら、塩こしょうを加える前に野菜、魚、スープを取り分けて、月齢に合わせて刻む。

調理&栄養POINT
濃厚なトマトスープとゴロゴロ具材が食欲をそそる一品。鮭には良質なたんぱく質が含まれており、肌の健康を守る働きがあるので、肌荒れしがちな冬にはぴったりのレシピです。じゃがいもは煮込み料理に適したメークインなどの品種を選ぶと、煮崩れしにくいです。

 

納豆入り豆腐チゲ鍋(中華風)

納豆入り豆腐チゲ鍋

材料(2人分)
豆腐(木綿) 小1丁(200g)
ねぎ 1/2本
にら 1把(90g)
納豆 2パック
昆布 10cm分
水 600ml
みそ 大さじ4
豆板醤、粉唐辛子など 少々

作り方
 豆腐はさいの目切りにする。ねぎは斜め切り、にらは4cm幅に切る。
 鍋に水、昆布、の豆腐とねぎ、みそ大さじ2を入れて2〜3分煮る。
 のにら、納豆を入れてさらに2〜3分煮て、残りのみそを溶き入れる。豆板醤や粉唐辛子を加えて味をととのえる。
【〆のおいしい食べ方】
具材が少なくなってきたら、鍋用のしゃぶしゃぶもちを加えて3〜4分煮込む。

取り分けPOINT
で2〜3分煮たら、豆腐とスープを取り分ける。赤ちゃん用に納豆を刻み、のせて食べさせてあげてもよい。

調理&栄養POINT
ピリッと辛みを効かせた、納豆入りの豆腐チゲ鍋です。ねぎやにらなどの香味野菜、マイルドな味わいの豆腐と納豆の組み合わせがクセになります。大人用に加える豆板醤や粉唐辛子などを入れる前に、赤ちゃんに取り分けるようにしましょう。

 

春雨鍋(中華風)

春雨鍋

材料(2人分)
春雨 35g
白菜 200g
にんじん 3cm分
水ぎょうざ(冷凍) 6個
水 500ml
白だし 大さじ3

作り方
 耐熱容器に春雨、水100ml(分量外)を入れて、フタをして600Wの電子レンジで1分加熱する。水けをきり、食べやすい大きさに切る。
 白菜は3cm幅に切り、にんじんは短冊切りにする。
 鍋に水、白だし、を入れて5分煮る。、冷凍の水ぎょうざを入れて煮る(大人用にはごま油やしょうがのすりおろしを少々加えると、さらにおいしい)。

取り分けPOINT
水ぎょうざ以外の食材を取り分けて、月齢に合わせて刻む。

調理&栄養POINT
野菜と組み合わせるメイン具材として、肉や魚のほかにストックしておくと重宝するのが、冷凍の水ぎょうざ。食べごたえがありますし、ぎょうざの具に旨みが含まれているので、スープがより一層おいしく仕上がります♪ 麺と違う食感を楽しめる、つるんとのどごしのいい春雨を組み合わせてみました。

 

監修:岡本正子先生

管理栄養士。東京生まれ。明治大学第二文学部卒業。3人の子育てをしながら栄養学を学ぶ。矢島助産院で日々、妊婦さんや産後ママのための食事を担当する傍ら、企業や雑誌などで離乳食の監修やママのための食に関する講演・講習会などを各地で行う。著書に『おいしい症状別レシピ 妊娠&授乳中のごはん150』(日東書院)ほか

この記事は非公開です。

閲覧にはパスワードが必要です。

{{ articleCardMessage }}

Follow
Us!
冬のプレゼントキャンペーン2021 選べる豪華育児&家事グッズが当たる!100名様プレゼントも!お祝い金10万円