コラム

「コラム| babyco (ベビコ)」に関する記事の一覧です。

子育てをするにあたって、知っておきたいことはたくさんあります。
そもそも親になるってどういうことなんだろう?
将来のお金のやりくりはどうすればいいんだろう?
ここでは、そんな悩みにお答えできる『コラム』記事をご紹介します!

mdi-menu
mdi-close

babyco未来設計ゼミナール の記事

【未来設計ゼミナール】家族が増えるときこそ、人生設計を見直すチャンス!
 子どもの将来のためにママとパパのしたいことをガマンする、そんな時代はもうおしまい! 知っているといないとじゃ大違い、家族の未来を考えるヒントがわかります。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'}  家族がひとり増えると、かかるお金がすべて変わる!出産して家族が増えると、家計を支えたり毎日ごはんを食べさせたり、パパとママそれぞれの役割が増えますね。同時に、車や家の購入、子どもの養育費などかかるお金も増えます。「節約すべき?」「趣味はガマン?」と消極的に考えず、生活が大きく変化する今こそ家族の人生設計を見直してみませんか? ▶︎見直しヒント①ママとパパの未来の年齢と、子どもの人生イベントを重ねてみる 家族の人生は、全員同じだけ進んでいきます。「パパとママが何歳のときに、子どもはいくつで何をしているのか」がわかると、そのときに起こるイベントやお金がかかるタイミングが整理できます。具体的な金額を調べるのは整理できてからでOKです。 ▶︎見直しヒント②将来子どもにさせたいことと、ママとパパがしたいことを考える 子どもを大学まで進学させたい、でも自分の趣味も続けたい…どちらも叶えられたらうれしいですよね。大切なのは、将来子どもにさせたいことと、パパとママがしたいことを両方考えること。やりたいことを言うのはタダですから、ガマンせずに言い合ってみて! ▶︎見直しヒント③人生で必ず起こることと、起こるかもしれないことを想像する お子さんがスポーツ選手や医師になりたいと言い出したらみなさんはどうしますか? 40代で急に病気にかかるかもしれないと考えたことはありますか? 人生で起こるかもしれないことを想像してみましょう。出世など、うれしい”かもしれない”も忘れずに。 (先生のプロフィール) 株式会社アイ・エフ・クリエイト 岡田真治先生 中央大学理工学部数学科卒業後、株式会社近代セールス社に入社。金融機関向け実務誌の編集に携わる中で「預金・融資・為替・預かり資産セールス」など銀行業務の基礎知識を習得。その後、大手代理店にてFPコンサルティング業務に携わる。執筆、セミナー多数。イラスト:Yumika
babyco編集部
【babyco未来設計ゼミナール】使うタイミング、目的ごとにお金を整理しよう
 マイホームの購入、子どもの教育費…考えなくちゃいけないことがいっぱいで参っちゃうというママとパパへ。 知っているといないとじゃ大違い、家族の未来を考えるヒントがわかります。人生にかかる大きなお金は「生活費」「住居や教育」「将来の備え」の3つ人生にかかるお金は大きく分けて3つあります。・食費や光熱費などの「生活費」・住宅のリフォームや教育資金などの「使う目的が決まっているお金」・老後の生活に必要な「将来の備え」子どもの進学や住宅購入など、家族の未来イベントを予想できたら、この3つのどれに当てはまるかを振り分けてみましょう。人生にかかる3つのお金を「使う」「貯める」「増やす」に分ける生活費は毎日必要なのですぐに使うお金、住居や教育費は確実に準備したいのでコツコツ貯めたいですよね。毎月の収入から貯めたい分を引き落とすと、残りのお金で生活をするので将来のお金が貯まりません。投資信託や変額保険など、手段はさまざまですがお金を”増やす”という考え方もあるんです。(先生のプロフィール)株式会社アイ・エフ・クリエイト岡田真治先生中央大学理工学部数学科卒業後、株式会社近代セールス社に入社。金融機関向け実務誌の編集に携わる中で「預金・融資・為替・預かり資産セールス」など銀行業務の基礎知識を習得。その後、大手代理店にてFPコンサルティング業務に携わる。執筆、セミナー多数。イラスト:Yumika
babyco編集部
夫婦のお金の使い方には家族の価値観が表れる!|babyco未来設計ゼミ③
 赤ちゃんが生まれると、食料品や日用品、衣類など生活に必要なものが2人分(ママとパパ)から3人分(ママ・パパ・赤ちゃん)に増えますね。ベビーカーやおもちゃなどの子育てグッズをそろえたり、住まいや車を見直したりとやることがいっぱいです。それに、子育ては今日やって明日やらなくていいわけではありません。わが子の将来を想像して、習いごとや学費の準備もしなくてはなりませんね。 「今の生活スタイルのままで、家族みんな無理せず暮らしていけるかな」 「ちゃんと小学校〜大学に通わせてあげられるだろうか…」 こうした悩みは、はじめて子育てをするママとパパにとっても、2人目、3人目のお子さんを育てるママとパパにとっても尽きない不安だと思います。babyco未来設計ゼミナールで、これからの人生で向き合っていきたい「お金の考え方」をいっしょに学びましょう。 資金計画の前に大切な、“家族で実現したいことを伝え合う作業” お子さんと迎えるはじめての旅行、マイホームの購入、入園や卒園、小学校〜大学への進学…。わが子の成長を想像しながら家族イベントを考えるのは、とてもわくわくしますよね。 「みんなでいろんな場所にお出かけしたいから、家族の荷物が増えてもゆったり乗れるように車を買い替えようかな」「両親や友人、この子のおともだちが集うような大きな一軒家がほしいな」そんな楽しい想像をしながら、夢を実現していきたいですよね。 こうした夢の実現には、やっぱりお金がつきもの。お金は急に用意できるものじゃないので、事前の資金計画がとっても大切です。ですが、どうやって準備するかを考える前に、もっと大切なことがひとつ、それは“夫婦でお互いに今後どんなことを実現したいか”を共有すること。どんな教育を受けさせたいか、どんな家に住みたいか、子どもは何人ほしいのかなどを互いに知っておく作業です。なぜこの作業が必要なのか、それはお金の使い方には人の価値観が表れるからです。 例えば、「私立の小学校に通わせたい」と考えるママがいるとします。一方でパパは「公立でもいいと思う」という考えだとします。私立の小学校へ通わせたいなら、公立よりも高額な学費、幼児教室、習いごとなどお子さんの教育にかけるお金がかかりますね。ママは、それだけのお金を教育にかけてもよいと考えているわけです。 このように「何にどのくらいお金をかけたいか」というすり合わせをすることで、その家族の価値観が見えてくるのです。 家族で実現したいことを、お互いに伝え合おう! こちらの上の表は、ママとパパが思う「どんなことを実現していきたいか」を共有するための表です。車や住宅などの“形あるもの”、夢や目標など“志したいこと”を「自分について」「家族みんな・子どもについて」の視点に分けて、お互いに意見を出し合ってみましょう。 「これからの子どもの教育ってどう変わるの?」「教育資金ってどうやって準備するのが正解?」そんなママ・パパのお金に関するギモンにお答えします!開催予定エリア:4月 神奈川/6月 埼玉/8月 東京※コロナウィルスの影響で、次回の開催場所、日時が未定です。決まり次第、会員の皆様にご案内いたしますのでご了承ください。会員登録はこちら♪ 今回お話を伺った先生岡田真治さん中央大学理工学部数学科卒業後、株式会社近代セールス社に入社。金融機関向け実務誌の編集に携わるなかで、「預金・融資・為替・預かり資産セールス」など銀行業務の基礎知識を習得。その後、大手代理店にてFPコンサルティング業務に携わる。執筆・セミナー多数。 イラスト:Yumika
babyco編集部
出産費用の平均はいくら? 妊娠から出産までの自己負担額がわかるお金の話
出産までの費用は大きく分けて3つ妊娠から出産にかかる費用は、大きく分けて3つのお金がかかります。 妊婦健診費用(妊娠中の健診にかかる費用)出産費用(分娩・入院にかかる費用)出産準備費用(マタニティ・ベビー用品購入費用) すべてを合わせると、およそ50〜100万円という大金になってしまいます。 ですが、出産のサポート費となる補助制度を利用することで、個人差や地域差はありますが、思ったよりも費用がかからずに済んだという先輩ママの声もありました。 どのように費用を抑えられたのでしょうか? 詳しく見ていきましょう! 妊婦健診にかかる平均費用は? 妊婦健診費用の目安妊婦健診の費用は1回あたりおよそ5,000円〜7,000円ほどかかります。 自治体によって異なりますが、厚生労働省が発表している妊婦健診の回数は14回なので、 1回7,000×14回=98,000円 合計10万円近くにもなってしまいますね。 これをすべて実費で払うと大変ですが、各自治体からの「助成金」で軽減することができるんです。 妊婦健診の助成制度を知ろう! 妊婦健診の費用は、公費による補助制度があります。 各自治体により内容や金額はさまざまですが、住んでいる市町村の窓口に「妊娠届」の届け出をすることで、母子手帳と一緒に「妊婦健診調査受信表」を受け取ることができます。これが妊婦健診で使える受診券や補助券になるので、大切に保管してくださいね。 自治体によって補助項目や補助額は異なりますが、健診14回分が無料で受けられたり、一定の金額まで助成してもらえ、妊婦健診費用の負担が軽減されます。妊婦健診の交付負担額は全国平均で102,097円ですので、自己負担額はかなり少なくなりますね。 ですが、初回に受診した費用(1万円前後)や、基本的な助成項目以外、補助券を使い切った後の健診費用は実費となります。自己負担の平均額は2〜3万円ほどになるでしょう。 気になる方は、自治体のホームページや病院で確認してみてくださいね。 ※参照:厚生労働省「妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について」 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000176691.html 出産費用のサポート費を知ろう 出産には国からのさまざまな助成制度があります。 このようなサポートを活用すれば、出産費用を抑えることができますのでしっかり確認していきましょう。 出産育児一時金<みんながもらえる!>「出産育児一時金」は、出産にかかる費用の負担軽減を目的に、加入している健康保険を通じて支給されます。扶養に入っているママも含め、社会保険または国民健康保険に加入しているママなら受け取ることができます。 対象 妊娠4ヵ月以上で、社会保険または国民健康保険に加入しているママ(扶養も含む) 金額 1児につき42万円 (産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産した場合は40万4000円)※1児につきなので、双子の場合は84万円 受付期間 出産の翌日から2年間 申請は、退院時に一度全額を支払い、その後申請手続きをして出産一時金を受け取る「産後支払制度」のほか、事前に病院に申請することで退院時に差額のみを支払う「直接支払い制度」「受取代理制度」があります。 出産手当金<社会保険に加入しているママはチェック!>「出産手当金」は、出産のために会社を休んだときにもらえる手当金です。 出産前後に会社を休み、給与が発生しなかった場合に生活の補助として受け取ることができます。 支給対象者は勤めている会社の社会保険に加入しているママで、国民健康保険に加入している自営業やフリーランスママ、家族の扶養に入っているパート・専業主婦のママは支給対象にはなりません。 対象 勤務先の健康保険に被保険者として加入しているママ 金額 ・支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額÷30日×(2/3)=1日あたりの支給額 ・1日あたりの支給額×98日=総支給額 受付期間 産休開始の翌日から2年以内 手続きは、会社が代行してくれる場合もあるので、まずは会社の担当部署に相談してみましょう。産休に入ったらすぐにもらえるわけではないので、生活費のバランスを考えるためにも、もらえる時期についても確認しておくといいですね。 高額療養費制度「高額療養費制度」は、1ヵ月間の医療費が高額になり、自己負担限度額を超え、負担が大きい人のために支給される医療費です。帝王切開など、医療行為を伴う分娩の場合に活用したい制度です。また、つわりが酷かったり、妊娠高血圧症候群などで治療が必要だったりといった場合も、1ヵ月の医療費が高額になったときには使えます。 対象 治療とみなされる帝王切開、吸引分娩、鉗子分娩などの医療行為が行われ、1ヶ月間の医療費が「自己負担限度額」を超えるママ 金額 1ヵ月間の医療費のうち、「自己負担限度額」を超えた分を支給 受付期間 診療月の翌月1日を起算日として2年 表にある「自己負担限度額」は所得によって決められています。●非課税者は3万5,400円●年収約370万円までなら5万7,600円●年収約370万円〜770万円で8万100円➕αなどとなっています。「自己負担額」が高額になった場合ですから、妊婦健診費の助成などを利用した分は自己負担ではないので含みません。自分が加入している保険の窓口で、確認することができます。 出産費用は分娩方法や環境もよって差が出ることも! 気になる出産費用ですが、「出産育児一時金」を利用することにより軽減されますが、分娩方法や医療施設、出産する地域によっても自己負担額に差が出ます。確認していきましょう。 分娩方法分娩の方法によって出産費用が大きく変わります。 代表的な3つの出産方法で見ていきましょう。 ●自然分娩 自然分娩は、健康保険が適用されないため全額負担となります。 全国平均は約40〜60万円。そこから出産育児一時金の42万円を引いた差額が実質的な自己負担金となります。 ●帝王切開 医療措置にあたる帝王切開は、健康保険が適応され、費用は全体の3割負担となります。 入院や手術のほかに、その後の処置や投薬、検査などでさまざまな費用がプラスされ、自然分娩よりも10〜20万円ほど多くなるでしょう。 しかし、「高額療養費制度」を活用できるので、実際には自己負担額はかなり抑えられます。また、民間の医療保険に加入している人は、手術給付金や入院給付金が下りる可能性もあります。 場合によっては、実際に支払った金額よりも多く戻ってきて、プラスになることも!?自分がどの給付金の対象かどうか、確認しておくと良いでしょう。 ●無痛分娩 無痛分娩は、麻酔を使用して陣痛の痛みを軽減する出産方法です。麻酔代や子宮口を広げる処置、陣痛促進剤などの医療行為が追加料金となり、自然分娩の金額にプラス10〜20万円ほどかかるのが一般的のようです。 住んでいる(出産する)地域 どの地域で出産するかによって、実は出産費用が変わってくるんです。 一般的にですが、都心の方が高く、地方の方が安い傾向にあります。 国民健康保険中央会の調査による「正常分娩分の平均的な出産費用」を見てみると ●出産費用が最も高い都道府県:東京都621,814円 ●出産費用が最も安い都道府県:鳥取県396,331円 差額はおよそ20万円以上にもなります。 ※参照:平成28年度「正常分娩分の平均的な出産費用について」 https://www.kokuho.or.jp/statistics/birth/lib/h28nendo_syussan5.pdf 医療施設分娩する医療施設によっても費用が変わります。 施設 平均金額 病院 511,652円 診療所(クリニック) 501,408円 助産所 464,943円 ※参照:平成28年度「正常分娩分の平均的な出産費用について」 病院で出産した場合が最も高く、助産所で出産した場合が費用が抑えられる傾向にありますね。その差額は約4万円以上。 費用はあくまでも平均なので、詳しくは出産を予定している施設へ問い合わせてみてくださいね。施設選びは、費用面だけではなく、家族と相談をよくして安心して出産できる病院を選ぶことが大切です。 その他の割増するケース ●出産のタイミング 出産の日時により、料金が加算される場合があります。 平日が通常料金となり、土日や祝日、深夜になると時間外料金が別途発生します。 ●個室利用やサービス利用 同じ病院でも、大部屋を利用するか、個室を利用するかで金額に差が出ます。 また最近だと、エステ付きやマッサージ付きというような病院もあり、そのような場合は高額になるようです。費用面と相談しながら、入院中にどのような環境で過ごしたかを考えておくと良いでしょう。 マタニティー&ベビー用品準備費 妊娠してお腹が大きくなり始めたら、マタニティー用のウェアやショーツも必要になってきます。赤ちゃんを迎えるためのベビー用品も必要ですよね。 マタニティー&ベビー用品準備にかかるお金も意外に費用がかさみます!事前に計算しておくことで、出産にかかるすべての費用を把握できるので頭に入れておくと良いですよ。 マタニティー用品妊娠中期ごろから少しずつお腹が膨らみ、マタニティーウェアや下着が必要になります。また、妊娠線対策のクリームや骨盤ベルトなど、意外と細かな買い物も必要となってきます。だいたい3万円ほどの出費を想定しておくと良いでしょう。 ベビー用品ベビー用品も準備が必要です。すべて新品で揃えると高額になりますが、お下がりをいただいたり、レンタルを活用したりして、工夫次第では節約できる費用です。 各家庭でかける金額に差がありますが、ベビーウェアやおむつ、抱っこ紐やベビーカーなどなど、総額5〜10万円を見ておくと良いでしょう。 出産・準備費用の自己負担額はおよそ20万円以上 出産費用について見てきましたが、いかがでしたか。 表でまとめて見てみましょう。 支出総額平均額 補助金などの平均額 妊婦健診 妊婦健診 98,000円 102,000円 0円 初診費用・妊婦健診以外の検査 30,000円 30,000円 出産費用 480,000円 420,000円 60,000円 マタニティー用品費用 30,000円 30,000円 ベビー用品準備費用 100,000円 100,000円 合計 738,000円 522,000円 210,000円 出産そのものの費用は、42万円が支給される出産育児一時金を利用すれば負担はかなり減りますが、出産費用以外にも、マタニティー用品やベビー用品などの支出もありますね。 妊娠から出産まで、トータルで20万円以上の予算は考えておいた方が良さそうです。 各自治体によっても、補助金や支援の制度が違いますので、妊娠が分かったら、自分の住む自治体ではどのようなサポートが受けられるのかしっかり調べておきましょう。 とはいえ、出産は想定外のこともあるかもしれません。いざという時のために普段から貯蓄をしておくと安心ですね。 .scroll table{width:100% !important;}.scroll{overflow: auto !important; white-space: nowrap !important;}.scroll::-webkit-scrollbar{ height: 5px;}.scroll::-webkit-scrollbar-track{background: #F1F1F1;}.scroll::-webkit-scrollbar-thumb {background: #BCBCBC;}
babyco編集部
mdi-arrow-up-bold