子供の英語どうする?0歳から英語教室やオンライン英会話を約7年実践した習い事遍歴まとめ

幼少期から習わせたい習い事の中に「英語教育」は、いつもランキング上位に入っています。
「自分は英語が苦手だけど、子どもは将来困らないように早くから学ばせたい」と思っているパパママは多いのではないでしょうか。
実は、私もその一人。
娘が0才の時から約7年間、さまざまな英語教材や英語教室を体験しました。その感想や現在の習熟度についてありのままを書いていきたいと思います。

0才から実践!おうち英語はベネッセのワールドワイドキッズ

0才から実践!おうち英語

私も夫も英語をまったく話せないけれど、これからの時代、子どもには英語が話せるようになってもらいたい。
0歳から英語にふれさせ、小学1年で英検5級(中学初級程度)を合格させた英語の習い事についてご紹介します。

赤ちゃんのうちから英語に慣れさせ、耳を鍛えさせたい!
でもまだ手がかかる年齢の子どもを連れて、英語教室に通うのはちょっと大変……

ということで、まずは自宅で試せる英語教材を調べてみました。

すると、ご存じのパパママが多いであろう2つの大手英語教材に絞られました。

ディズニー英語システム(DWE)

ベネッセ world wide kids(WWK)

 

いろいろと悩んだ結果、わが家では ベネッセのワールドワイドキッズ を選択することに。

どちらを選ぶかは、各ご家庭での判断にもよりますが、わが家の決め手になったポイントをあげるとすれば、2つあります。

決め手1)価格が安い

ディズニー英語システムは、フルセットで約100万円!
それに比べると、ベネッセのワールドワイドキッズは30万円弱。その差は約3倍以上!

わが家は共働き家庭で夫も忙しかったので、正直にいって教材をフル活用できる自信がありませんでした。
さらにいうと、そこまで熱心にディズニー作品への愛着もなかったため、安さに惹かれたというのが正直なところです。

ちなみにディズニーランドの年間パスポートを購入しているディズニー大好きな親戚は、ディズニー英語システム(DWE)を購入して、これをコレクションのひとつとして捉えてとても満足していたようです。
また、3人姉妹のいるご家庭では、3人分のコストと考えてディズニー英語システムを選んだといっていました。

こうした自宅で取り組む教材は、どれぐらい家で活用できるか?にコストパフォーマンスがかかってくるように思います。

 

決め手2)フォニックスを取り入れているか

英語には、「フォニックス」という学習方法があります。
日本の子どもたちがひらがなを「50音」で覚えるように、アメリカなどの英語圏では「フォニックス」で英語を学びます。

例えば英単語の bag の場合。
文字は「ビー」「エー」「ジー」ですが、音は「ブ」「ア」「グ」と覚えます。
そしてそれを繋げて読むと、バッグと発音することが。フォニックスを覚えることで、英語の正しい読み方を簡単に覚えることができるのです。

<フォニックスとは>
フォニックス(英: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。
引用:ウィキペディアフリー百科事典〜フォニックス

 

1才からヤマハ英語教室に通ってみたら?

英語の教材

さて、おうちでワールドワイドキッズの教材を使用し、インプットを強化していたのですが、私も夫も英語が苦手だった為、アウトプットが圧倒的に不足していました。そこで近所のヤマハ英語教室に1才半から通ってみることに。

レッスン内容はヤマハオリジナル英語ソングに合わせてカラダを動かしたり、先生が英語の絵本を読んでくれるというものでした。

私の在籍していた時間帯は、子ども4人(+保護者1名)1グループに対し、先生1人がレッスンを行う形式。人見知り絶好調の娘は、レッスンに通うことで徐々にほかのお友達と仲良くなっていきました。

しかし、どうしてもここではインプット中心になりがちだったため、ほかに何か良い習い事がないか考えていたところ、同じことを考えていたママ友がグループ内に。

手分けをして他にいいところがないか探したところ、とあるツテを辿って一人の先生に出会うことができました。

 

 

3才から個人教室&DMM英会話(オンライン)に変更

3才から個人教室

紹介で出会った個人の先生は、幼少期をアメリカで過ごし、平日プリスクール(未就学児を対象に英語で保育を行う施設)でスタッフをしているバイリンガルの女性講師。子どもに英語を教えるプロです。その方が休日、子ども達に向けて出張レッスンをしてくれることになり、ヤマハ英語教室で出会った友達に声をかけ、毎週末1回90分でお願いすることに。

遊びを通してインプット&アウトプットを意識した英語レッスンで、娘はとても楽しそうに英語を話すようになりました。

それでもまだまだ人見知りが激しい娘のため、より多くの人と関りを持たせたいと感じ、平日はオンライン英会話を探すことに。

そこでDMM英会話を始めることにしました。

DMM英会話は、1週間に3回以上レッスンすれば他のどのオンライン英会話よりも単価が安い!
また、子どもの集中力が持続できる1回25分というレッスン時間と、24時間365日いつでもレッスン可能で予約が取りやすかったのが決め手になりました。

そしてこの頃には world wide kidsのDVDや本にとりかかる時間がなくなってしまいっぱなしという状態に……。

 

小学1年生の今、英検5級合格! でも…

小学1年生になり、DMM英会話は宿題の時間確保のため、辞めることにしました。

お気に入りの先生も多く、本当は続けたかったのですが、私立小学校に入学したため、英語の授業が週2~3日行われることで代用可能だと判断しました。

個人の先生は、優しく楽しいイベントも多いことから、いまだに週1回続けています。

また朝10分間だけチャレンジタッチの英語をはじめました。
チャレンジタッチの英語は他の教科とは別の独立したカリキュラムになっていて、最初にレベルテストがあり、それに合わせた「聞く」「書く」「話す」「読む」の4技能が学べます。その後は、レベルアップテストを受けて、徐々に難易度が高くなっていきます。
ほかの教科は学校の教科書を選択するのですが、英語はレベルテストで子どもの力に合わせた学習を選べるのが魅力です。

そして小学1年の秋。英検5級(中学初級程度)を受験させたところ、家でまったく対策していなかったものの、余裕をもって合格することができました。これも幼少期からコツコツ英語を続けてきた結果だと嬉しく感じました。

しかし、上には上がいるもので、同じ学年でインターナショナルスクールに通っていたお友達は、既に準2級(高校中級程度)や、3級(中学卒業程度)合格者もいると言われびっくり!

学校の英語クラス分けでは、上から2番目のクラスに配置されました。

 

子ども英語は目的を明確に!

さて、わが家の「小学1年で英検5級に合格するまでの0歳からの英語の習い事」について紹介してきました。

一覧にしてみると

「小学1年で英検5級に合格するまでの0歳からの英語の習い事」

はじめた時期

英語教室 ▶︎やめた時期

0歳

world wide kids(おうち英語教材)▶︎年少まで継続

1歳

ヤマハ英語教室 ▶︎2歳まで

3歳

DMM英会話 ▶︎6歳まで
個人の英会話教室 ▶︎小学校入学後も継続

小学1年生

チャレンジタッチ ▶︎現在まで

となります。

子ども英語を始めるときは、目的を明確にすることが必要だと思っています。

わが家の場合、「英語に苦手意識を持ってほしくない」というもので、そこまで厳しくないものだったので、ほかの英語教育に熱心な家庭に比べると結構ゆっくり気楽にやっていたのではないかと思います。

両親ともに英語がほぼ話せなく、苦手意識があったため、それが子どもに伝わらなければOK!という気持ちでした。

しかし逆にそれくらいの気持ちでいる方が、子どもにプレッシャーもかからず、のびのびと英語を学ぶことができるのではないでしょうか。

次の目標は英検4級ですが、無理しすぎず、自然に英語を習得していってほしいです。

これを読んでいるパパママも、お子さんが将来どう英語を活用してほしいかをよく考えてみて、子どもに合った習い事を選択してみてはいかがでしょう?

Follow
Us!