妊娠&授乳中の体ぽかぽかごはん「豆腐ディップのサラダ」

体の冷えは、血の巡りや気の巡り、肩こりや腰痛など全身の不調につながります。助産院でママと身近にふれあう岡本先生だから考えられる、ママの体想いのあったかレシピを召し上がれ。


豆腐ディップのサラダ

カルシウムたっぷりの豆腐を洋風のディップにしました。にんじん以外にも、好みの野菜で応用できます。

材料(2人分)
木綿豆腐…1/4丁
玉ねぎ…1/8個(約25g)
ツナ缶(水煮または油漬)…1/4缶(20g)
にんじん…1/3本(約50g)
レモン(くし形に切る)…1片
塩…少々
バジル…6枚

作り方
1 木綿豆腐はゆでてキッチンペーパーなどに包み、水けを絞る。
2 玉ねぎはみじん切りにする。厚手の鍋に入れて、油をひかない状態で透き通るまで中火で炒める。
3 ボウルに1、2、ほぐしたツナ、塩を入れてハンドミキサーで混ぜ合わせる。レモンを絞り、皮少々をみじん切りにして加えて混ぜる。
4 にんじんはよく洗い、お好みで皮ごと5mm幅の輪切りにする。厚手の鍋に並べて水大さじ1(分量外)をふり、フタをして弱火で約10分蒸し煮する。皿に並べ、3の豆腐ディップをのせてバジルを散らす。


カロリー:1人あたり68kcal
塩分:0.6g


レシピを教えてくれた先生
岡本正子先生
管理栄養士。3人の子育てをしながら栄養学を学ぶ。矢島助産院で日々、妊婦さんや産後ママのための食事を担当する傍ら、企業や雑誌などで離乳食の監修やママのための食に関する講演・講習会などを各地で行う。著書に『おいしい症状別レシピ 妊娠&授乳中のごはん150』(日東書院)ほか

関連記事

ページトップへ