妊娠&授乳中の体ぽかぽかごはん「鮭の中骨とひじきの煮付け」

体の冷えは、血の巡りや気の巡り、肩こりや腰痛など全身の不調につながります。助産院でママと身近にふれあう岡本先生だから考えられる、ママの体想いのあったかレシピを召し上がれ。


鮭の中骨とひじきの煮付け

カルシウムたっぷりの鮭の中骨+鉄分豊富なひじきは最強コンビです。安価な缶詰で、お財布にもやさしい♪

材料(2人分)
ひじき(乾燥)…10g
こんにゃく…1/8枚(約30g)
れんこん…30g
鮭の中骨(缶詰)…1/2缶(30g)
しょうゆ…小さじ2

作り方
1 ひじきはたっぷりの熱湯に約5分浸けてもどし、水けをきる。
2 こんにゃくは太めのせん切りにして、さっとゆでる。れんこんはよく洗い、お好みで皮ごといちょう切りにする。
3 鍋に2のこんにゃく→1→2のれんこんの順に平らに重ね、フタをして弱火で約10分蒸し煮する。
4 3に鮭の中骨を汁ごと入れる。しょうゆを加えて約5分ほど煮詰める。

カロリー:1人あたり48kcal
塩分:1.2g


レシピを教えてくれた先生
岡本正子先生
管理栄養士。3人の子育てをしながら栄養学を学ぶ。矢島助産院で日々、妊婦さんや産後ママのための食事を担当する傍ら、企業や雑誌などで離乳食の監修やママのための食に関する講演・講習会などを各地で行う。著書に『おいしい症状別レシピ 妊娠&授乳中のごはん150』(日東書院)ほか

関連記事

ページトップへ