妊娠5カ月のママへ vol.1

つわりによる食欲不振なら、歯ごたえのあるものを食べよう

妊娠5カ月頃から胎盤が完成しだし、安定期に入ります。
ママの体も、徐々につわりが治まる頃ですが、もしもまだつわりがあるなら、食事は歯ごたえのある固めのものを取るようにしてみましょう。
食欲がないとつい軟らかいものを食べがちですが、軟らかいと戻してしまいやすいのです。歯ごたえのあるものをよく噛むようにして胃の負担を軽減。味付けも、しっかりしているものにすると食べやすいですよ。もちろん、薄味の方が食べやすいなら、薄味でOK。つわりの時期は味覚も変わるという人も多いですから、自分が食べやすいものの中で工夫をしていきましょう。神経質にならず、「食べられるときに食べられるものを取る」ぐらいのアバウトな心持ちで大丈夫。1日3食にもこだわらず、少しずつ分けて食べてもいいですよ。
万が一この時期に食事が取れなくても、赤ちゃんには大きな影響はありません。5カ月頃になれば赤ちゃんの体つきもしっかりし始め、お腹の中でぐるぐると回るようにもなります。まばたきをするようになったり、指しゃぶりをはじめる赤ちゃんもいるんですよ。
ただし、ビタミンBが不足すると、ママが脚気になりやすいので、食事の栄養バランスが気になる、脚をつりやすい、という人はサプリメントで補ってもいいですね。万が一、水分を取るのもつらいようなら、かかりつけのお医者さんに早めに相談してみましょう。


監修:あいうえお先生

先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります先生のプロフィールが入ります

つわりの原因はホルモンバランス?

つわりというものは知っていても、どうしてつわりになるのかがわからないでいると不安ですよね。

つわりの原因の一つは、ホルモンバランスの影響です。胎盤を作るのに必要なプロゲステロンというホルモンが増加することで起こります。妊娠初期の頃のつわりの原因は多くがこのホルモンバランスによるものです。
妊娠5カ月頃は、その胎盤が完成しだすので、多くの人はつわりが治まり始めますが、それでもこの時期につわりを感じるなら、胃もたれが原因かもしれません。
子宮が大きくなってくることで胃を圧迫し、胃酸が逆流する場合もありますし、便秘で胃もたれを感じる人もいます。

子宮の大きさは変えられませんが、便秘なら自分でも対処できますよね。
便秘かな? と思ったら、食物繊維の多い食事を心掛けましょう。ごはんに雑穀を混ぜたり、玄米にしてみたり、パン類も全粒粉にしたりするといいでしょう。適度な運動も、お通じを促してくれますよ。妊娠中は運動不足になりやすいので、お腹に負担がかからないようなストレッチやウォーキングもおすすめです。

反対に、この時期避けたいものは、消化に悪い油っこいもの。炭酸飲料などもゲップの原因になり、つわりを誘発しやすいのでNGです。

戌の日の帯祝いって必要なの?

妊娠5カ月目の戌の日に行う安産祈願を「帯祝いといいます。戌は、干支に出てくる戌からきていて、一度にたくさん赤ちゃんを産む犬にあやかって出産の無事を祈る古くからのしきたりです。「古事記」が起源という説もあるほど、古くから伝わる習わしなんですね。

「岩田帯と呼ばれるさらし布の腹帯をお腹に巻いて祈願するのですが、岩のように丈夫な赤ちゃんを願い、岩田帯と呼ばれるようになりました。
もちろん現代はそうしたしきたりにこだわらない、という人も多いですし、地域によって風習も異なりますから、夫婦や親族の考え方にあわせればいいのですが、妊娠5カ月のこの時期に行うには、しきたりだけには留まらない理由があるので、知識としてでも知っておきましょう。
それは腹帯をすることで

♪お腹を冷えから守る
♪お腹を支え、赤ちゃんを守る
♪ママの腰の負担を軽減する

ということ。
ガードルやサポーターがない時代から、その役割を果たしてきたのですね。こうしてママと赤ちゃんを守りながら、安産の祈願をするのが戌の日の帯祝いです。

帯祝いには、どんなことをするの?

腹帯は、ママの実家から祝いものとして贈るという風習の地域が多く、先祖代々受け継がれている帯を贈るという人もいるようです。

腹帯は事前に用意してもいいですし、神社でも購入できるところがあります。神社では、祈祷する際の初穂料に腹帯代が含まれているところと、別売りになっているところなど様々です。

近頃は、祈祷まではせずに、お参りに行って安産を祈願する人も多いですし、岩田帯は使わないからガードルを用意する、という人もいますから、柔軟に考えましょう。ただし、ガードルタイプの祈祷は受け付けていない神社もあるので、事前に調べましょう。

戌の日は、十二支からきているので12日に一度はやってきますから、月に2~3日は機会があります。

安産祈願の参拝をし、腹帯を巻いて両家で祝い善を囲むのが一般的ですが、両家なりのスタイルで、妊娠と向き合い、安産を願うことができればいいですね。古いしきたりは面倒と思う人もいるかもしれませんが、両家が交流するいい機会ととらえると、また違った意味合いをもって帯祝いを迎えられそうですね。

ちなみに岩田帯は使い終わっても粗末に扱ってはいけません。次の子の出産に備えて保管しておいてもいいですし、赤ちゃんの産着などにリメイクしてもいいでしょう。ただし、雑巾やオムツなど粗末に扱うものにするのはよくありません。使い道がなければ、神社でお焚き上げをしてもらいましょう