赤ちゃん

「赤ちゃん| babyco (ベビコ)」に関する記事の一覧です。

子育ては、赤ちゃんに寄り添っていくことが大切。
日々のコミュニケーションの中で、なんで?どうして?と疑問に思うことはたくさんでてきます。
ここでは『赤ちゃん』に関する記事をご紹介します!
赤ちゃんのあれこれや、ママに知ってほしい情報など盛りだくさんです♩

mdi-menu
mdi-close

赤ちゃんとのふれあいの記事

親子のきずなが深まる3つの法則①赤ちゃんは、ママとパパとのふれあいが大好き!
 生まれたばかりの赤ちゃんは、大人みたいに会話したり、喜怒哀楽を上手に伝えたりすることがまだできません。だからこそ、「赤ちゃんって何を考えているのかわからない…」「だっこしようとしても泣いちゃって、嫌われてるのかな…」と、ふれあい方に悩むママやパパはいると思います。でも、わからないからこそ「この子は今何を伝えたいんだろう? 何を考えているんだろう?」とママやパパが赤ちゃんの気持ちを想像するのって、とっても大事なことなんです。成長のペース、性格、好きなものや嫌いなもの…ひとりひとり違うから、これが正しいというルールはありません。「失敗して当然!」と力を抜いて、ゆっくりきずなを深めていきましょう。赤ちゃんがよろこぶふれあいポイント①赤ちゃん向け発話やオノマトペなど、赤ちゃんに伝わりやすい言葉や表現で話しかけよう!大人に話しかけるときと同じ話し方をしても赤ちゃんには伝わりません。赤ちゃん向け発話(◯◯でちゅね〜、◯◯かな〜?など)やオノマトペ(ポカポカ、ぐるぐるなど)を使いながら、ゆっくりと声に抑揚をつけて話しかけてあげましょう。赤ちゃんがよろこぶふれあいポイント②赤ちゃんが見せる表情の変化や行動などのちょっとしたサインに反応してあげよう!大人が泣くときは「悲しい、寂しい、うれし泣き、感動」など感情を表す場合が多いですが、赤ちゃんの『泣く』には「空腹、暑い、寒い、ねむい、気持ちが悪い、だっこしてほしい、痛い、理由はないけど泣きたい」などさまざまな理由があります。ママやパパに気づいてほしくて、サインを出しているのです。赤ちゃんがよろこぶふれあいポイント③ママは読み聞かせやおうた、パパはからだを使った遊びで、遊び方に違いを出そう!ママにはどうしてもかなわない…とパパが諦めがちな赤ちゃんとのお遊びタイム。ママは読み聞かせやおうたなど「赤ちゃんがリラックスする遊び」、パパはおひざの上に乗せてリズムをとる遊びや体操など「からだをいっぱい使う遊び」と遊び方に違いを出すと、赤ちゃんは刺激を感じて、とてもよろこびますよ。お話を伺った先生森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中!イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
親子のきずなが深まる3つの法則②おなかの赤ちゃんにいっぱい声を聞かせると、ママとパパへの安心感が深まる!
 おなかのなかでは、ママとパパの声は「音」として伝わっています「生まれたらいっぱい遊ぼうね♪ たくさんおしゃべりしようね♪」と、毎日わくわくしながらおなかの赤ちゃんに話しかけているママやパパがいたら、生まれる直前までぜひ続けてあげてください。なぜなら、生まれる3ヵ月頃から赤ちゃんの聴覚は機能していて、ママやパパの声が「音」としてちゃんと届いているからです。胎内はママの心臓の音などでいっぱいなので、声というよりは「外から聞いたことのない音が聞こえてくるなぁ」というイメージです。低すぎる音は聞こえないので、どちらかというとママの声のほうが聞こえやすいでしょう。胎教にもちゃんと意味があって、例えばこんなおもしろいエピソードがあります。●生まれる前からお母さんがくり返し絵本を読んであげた場合に、生まれたあとにそのお話とそうではないお話を聞かせたときに、言葉の意味はわからないけれどおなかのなかで聞いていたほうを好む●おなかのなかでママの声をたくさん聞き慣れていると、生まれたあとにその音を聞かせたときにそちらを見つめる●おしゃぶりを使って吸わせたときに、ママの声が聞こえる場合と見知らぬ女性の声が聞こえる場合に、ママの声が聞こえたときのほうがいっぱい吸う私たち大人が、行き慣れている場所、食べ慣れているものなどに安心感を覚えるように、赤ちゃんも「聞き慣れている音」にはとても安心します。この人の声はどこかで聞いたことがあるな、いつも近くで聞こえていたな…と赤ちゃんが感じることで、ママやパパへの安心感につながるのです。お話を伺った先生森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中!イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
親子のきずなが深まる3つの法則③赤ちゃんは「音」を拾って言葉を覚える! 赤ちゃん向け発話とオノマトペの効果
 赤ちゃんを見ると、誰でも自然に使っちゃう!? 「赤ちゃん向け発話」みなさんは、「目の前の赤ちゃんに話しかけてください」と言われたらどんな風に話しかけますか? 「はじめまして、私の名前は◯◯です」「こんにちは、お元気ですか?」…大人同士の会話なら成り立つかもしれませんが、こんな話しかけ方では赤ちゃんには伝わりませんよね。フシギなもので、誰かにそうしなさいと言われたわけでもないのに、多くの人は赤ちゃんを見ると「◯◯ちゃん、ママでちゅよ〜」「◯◯くん、ごきげんかな〜?」という言葉づかいになっちゃうそうです。この話しかけ方を、『赤ちゃん向け発話』と呼びます。赤ちゃん向け発話には、こんなうれしい効果が!●ゆっくり、わざと声のトーンを高くして抑揚をつけてしゃべるから、赤ちゃんが音を拾いやすく言葉を覚えるのが早くなる●音を拾いやすいので赤ちゃんの興味をママとパパへ向かせる効果があり、話している人のほうをしっかり見つめるようになる家族の前で赤ちゃん向け発話を使うのははずかしいな…と思うパパもいるかもしれません。でも、赤ちゃんといっぱいおしゃべりして、「これがパパの声なんだぁ♪」と覚えてもらうことで、赤ちゃんとのきずながもっと深まりますよ!物の見た目とリンクしやすく、親しみを覚えやすい♪ 「オノマトペ」ぽかぽか、ザラザラ、すべすべ、ぐるぐる、もぐもぐ、ゴシゴシ…私たちの生活には『オノマトペ』がいっぱいあふれています。オノマトペは、物の見た目や雰囲気と音を結びつけやすいので、大人の言葉の表現(なめらか、暖かいなど)よりも赤ちゃんが親しみを感じやすいです。赤ちゃんは、言葉の意味を理解する力も運動機能もまだまだなので、オノマトペを通じて動作を覚えるのは3〜4歳くらいになってからです。まだ先の話ですが、オノマトペがあるほうが言葉を学びやすいので、ママもパパも「歯みがきはシャカシャカ」「うがいはブクブク」と、身のまわりのオノマトペを探してみましょう♪お話を伺った先生森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中!イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
親子のきずなが深まる3つの法則④赤ちゃんの出すサインにいっぱい反応してあげると、ママとパパへの信頼が高まる!
 赤ちゃんが出す「泣く」「笑う」のサインにはどんな意味があるんだろう?「ぐずるような泣き方をしているな、おなかがすいたのかな?」「口元がピクッと動いたな、ごきげんなのかな?」毎日赤ちゃんの様子を見ていると、ちょっとした表情でも笑っているとか不快だってことがだんだんわかるようになってきますよね。赤ちゃんは、まだ言葉で気持ちを伝えることができない代わりに、表情の変化や動きでママやパパに想いを伝えようとしています。例えば、赤ちゃんが泣いたり笑ったりしているときって、言葉にするとこんな感じ。(おなかがすいたよー! ごはんが食べたいよー!)(ママにいっぱいだっこしてもらえてうれしいな♪)それに対して、「おなかがすいたのね、ごはんを用意してあげるから待っててね!」「ママもあなたのそばにいられてうれしいわ♪」とすぐに反応してくれる人がいたら、とっても安心しますよね。こうやって赤ちゃんのサインにたくさん反応してあげると、赤ちゃんにとって「何かあったらこの人のところに行けば大丈夫!」と安心できる場所ができるのです。親の想像なんて間違って当たり前! サインには「3割」気づければ十分毎日違う表情を見せてくれる赤ちゃん。見せるサインもひとつの意味とは限りません。「ぐずるような泣き方をしているのに今日はおなかがすいてるわけじゃないのか…」なんて日ももちろんあります。赤ちゃんのサインに全部反応してあげられるか不安、間違っていたらと思うとこわい…と感じるママもいると思います。でも、赤ちゃんのサインに100%反応していたらママの身がもたないし、疲れて心がふさがってしまいます。大切なのは、赤ちゃんの心を想像して、ひとつでも多くの意味を探してみること。もし違ったとしても「理解できるかも!」とラクに考えて、とにかく多くの時間を一緒に過ごしてください。ママが豊かに心を考えられるような子育てをすると、子どもも「心」というものに対して思いやりが育みやすくなります。ママやパパが一生懸命赤ちゃんと関わろうとしている気持ちは、赤ちゃんにちゃんと伝わっていますよ!お話を伺った先生森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中!イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
親子のきずなが深まる3つの法則⑤赤ちゃんのサインに気づけるようになるには?
 赤ちゃんのちょっとした表情や行動に、たくさんの「心」を想像してみようみなさんは、街中でお散歩中のかわいいワンちゃんと目があったとき、つい話しかけたくなっちゃうことってありませんか? おなかをごろん♪と見せてくれたりすると、「なでてほしいのかな?」「甘えたいのかな?」と気持ちを想像しますよね。言葉が通じないのに話しかけたくなるのは、ワンちゃんが「心を持った存在」だと思っているからです。生まれてすぐの赤ちゃんはふにゃふにゃしていて、本当に未知の生き物です。でも、未知の生き物と思ってしまうと関係性は築けません。まだ言葉は理解できないし、何を考えているかわからないけれど、赤ちゃんのちょっとした表情や行動に「心」を見つけることが、コミュニケーションの第一歩につながります。赤ちゃんとのきずなを深める「パパトレ」にチャレンジ!赤ちゃんと一緒に多くの時間を過ごすことが大事だとわかっていても、仕事や家事、上の子のお世話で忙しくて反応できないママも多いですよね。そんなママの様子を見て、協力したいけど何をしたらいいかわからない…と悩むパパもいると思います。育児は、どうしてもママに負担が集中しがちです。「パパも手伝ってくれたらいいのにな…」「なんだか疲れちゃったな…」とママの気持ちがネガティブなほうに向いてしまいそうになったら、ママひとりで対処しようとせず、サインに気づけるようにパパをトレーニングしちゃいましょう!●ママに教えてもらいながら、パパも赤ちゃんの様子を観察してみよう「この泣き方はおなかが空いてるときだから、ごはんを食べさせてあげて」「ほら、ほっぺがピクッとしたのは笑ったのよ、パパも笑い返してあげて」と、ママと一緒に赤ちゃんの様子を見てみましょう。ママにサインを教えてもらってパパがお世話をする、というのも赤ちゃんとのきずなを深めますよ♪●いきなり遊ぼうとせず、まずはだっこでスキンシップを好きな人に触られないとだめなのは赤ちゃんも同じです。赤ちゃんにとってパパが「好きな人」になれるように、まずは抱っこでパパの体温や匂いを感じさせて、赤ちゃんに安心感を覚えさせましょう。たくさんふれあって安心できる存在になると、赤ちゃんがパパを頼るようになります。お話を伺った先生森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中!イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
親子のきずなが深まる3つの法則⑥ママとパパが違う遊びをしてくれると赤ちゃんはうれしい! 〜ママの遊び編〜
 ママの遊びのポイントは、赤ちゃんが安心してリラックスできることママやパパの声は、生まれる前から「音」としてちゃんと届いているという話を第2回目にしました(→親子のきずなが深まる3つの法則②おなかの赤ちゃんにいっぱい声を聞かせると、ママとパパへの安心感が深まる!)。遊びというと「楽しい」「体を動かす」など活発なイメージがありますが、体をたくさん使う遊びはパパにお任せ。赤ちゃんの遊びには「リラックスする」「気分が落ち着く」といった効果もあるので、ママは赤ちゃんを安心させてあげる遊びをしてあげるのがおすすめです。やってみよう!①ママの声で安心♡ 赤ちゃん絵本の読み聞かせ生まれる前から聞いていたママの声は、赤ちゃんが一番安心できる「音」。安心できる声で楽しい絵本を読んでもらうと、赤ちゃんはとてもリラックスできます。また、赤ちゃんは何回も絵本を読んでもらうことで「こんなところにアリさんがいる!」「あんなところにカエルさんがいる!」と、毎回新しいことに気づき、学習するのです。セリフの読み方を変えたり、赤ちゃんが見たがっているな、聞きたがっているなと思ったら反応してあげてみてください。やってみよう!②みんなでうたおう! わらべうた遊びゆっくりとやさしいリズムのわらべうたは、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせてくれます。赤ちゃんの笑顔を引き出す遊びとして、昔から愛されているわらべうたは、馴染みのあるママやパパも多いはず。パパも参加しやすい遊びなので、赤ちゃんとお顔を近づけたり、手足を動かしたりしてスキンシップをとりながら、家族みんなでうたってみましょう♪お話を伺った先生森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中!イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
親子のきずなが深まる3つの法則⑦ママとパパが違う遊びをしてくれると赤ちゃんはうれしい!〜パパの遊び編〜
パパの遊びのポイントは、体を使った遊びでママとの違いを出すこと ママは赤ちゃんを安心させてあげる遊びをしてあげるのがおすすめという話を第6回目にしました(→親子のきずなが深まる3つの法則⑥ママとパパが違う遊びをしてくれると赤ちゃんはうれしい! ~ママの遊び編~)。休日しか赤ちゃんとふれあう時間をたっぷり確保できない、どんな遊びをしたらいいのかわらないというパパは、体を使った遊びにチャレンジしてみて! ママと違った遊びをしてくれると、「この人はママと違う遊びをしてくれるんだ♪ ママとは違う存在なんだ」と赤ちゃんが大よろこびします。 やってみよう!①パパのおててとタッチ♡ にぎにぎ遊び 生まれてすぐの赤ちゃんは体がふにゃふにゃで、抱っこでさえビクビク…というパパも多いはず。いきなり体を使って遊ぶのに抵抗がある方は、まずはにぎにぎ遊びをしてみましょう。赤ちゃんの手のひらにパパの指を置いてみてください、ぎゅっとつかんでくれるはず。感触の違いを確かめられるので、触覚の発達にも効果的! やってみよう!②ダイナミックなオリジナルの「いない いない ばぁ」! 笑顔いっぱいの顔をしたり変な顔をしたりと、メリハリをつけて赤ちゃんのためにオリジナルの「いない いない ばぁ」を。「ばぁ!」のタイミングでいろんなお顔が登場するので、赤ちゃんはとっても楽しいのです♪ パパは「いない いない~…」のときに低い声を出したり、「ばぁ!」のときに腕を大きく広げたりして、ダイナミックな動きをしてみましょう。 お話を伺った先生 森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生 京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中! イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
親子のきずなが深まる3つの法則⑧赤ちゃんの「遊び方」に関するギモンとお悩みQ&A
赤ちゃんが月齢にあわせて楽しめるように研究・開発された「ベビートイ」は、おうたや絵本、にぎにぎ遊びなどとはまた違った刺激を赤ちゃんに与えてくれます。でも、せっかく選んだのにおもちゃで遊んでくれない…、全然興味がなさそう…なんていうガッカリも。おもちゃの見せ方や選び方をひと工夫するだけで、赤ちゃんが興味しんしんになるかも!? Q1 赤ちゃんと遊ぼうとしてもこっちを見てくれない…。 A1 赤ちゃんがちゃんと目で認識したかを確認しながら遊びましょう。 赤ちゃんは、話し方も動作も、ゆっくりじゃないと耳や目で追いかけることができません。大人に対して何かを説明するときは淡々とした動作でも伝わりますが、赤ちゃんには「ママとパパは何をしているの?」と、頭のなかはハテナだらけ。例えば積み木だったら、ひとつひとつのブロックを赤ちゃんの目の高さにもってきて「いいですか、これを見てください」と、かなりゆっくり見せてあげてください。赤ちゃんの視線がしっかりとブロックをキャッチしたら次の動作に移ってあげて、わかりやすい見せ方をしてあげましょう。 Q2 せっかくおもちゃを買っても遊んでくれないことがある…。 A2 たまには赤ちゃん自身におもちゃを選ばせてみて! 誰かに与えられたものよりも、自分で選んだもののほうが「愛着」や「価値」を感じるのは赤ちゃんも同じです。対象月齢の近いおもちゃを2つほど並べて、2択から赤ちゃんが手を伸ばしたほうを選んでみましょう。また、これはもう少し大きく成長してからの話ですが、「自分で選択できる」という状況=「好き勝手に選んでいい」ということでもあります。いつでも好き勝手させるのがいいわけではないですが、大きくなったときに何かをやるために我慢することを覚えたりと、選択できる状況を作るのはしつけとしても大事なことなのです。 お話を伺った先生森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生 京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中! イラスト:大塚みちこ
babyco編集部
男の子と女の子の育て方①性格の違い
男の子と女の子。性別が違うと、子育てのしかたも違うの? ベストセラー「男の子の育て方」「女の子の育て方」 (共にWAVE出版刊)の著者であり、教育カウンセラー・教育博士の諸富先生にお話を伺いました。 Q.乳児期の男の子と女の子は性格的に違いはあるの? A.もちろんあります。男の子のほうが活動性が高くて落ち着きがなく、知的な刺激を求めますよね。一方女の子のほうは大人してく育てやすい…もっというと、ママのお腹の中にいるときから男の子は元気いっぱいで、女の子はおとなしいと言えます。 男の子はこれから成長するにつれ、手がかかってきて、ママも「キ~っ」となってしまうような出来事が起こると思いますし、正直、男の子はママにとっての「悩みのタネ」で、女の子よりも育てにくいことママたちは感じていると思います。でも、女の子には女の子の、男の子には男の子の良さがちゃんとあるので性別は関係ありません。 男の子はこう育てるのがいい、というのはある?A.男の子の場合は、0~6歳の時期に、愛情を惜しみなく注ぐことです。愛情をたっぷり受けた男の子は、「ぼくは愛されている。大切にされているんだ」と実感し、たとえ失敗しても「大丈夫!」と大きな自信を持つことができるようになります。 女の子はどう育てるのが、よりいい?A.女の子は、同性であるママをお手本にして生きています。0歳の頃はまだ見えないかもしれませんが、2歳半や3歳くらいになって自我が芽生えてくる頃から少しずつマネをし始めるでしょう。そのときに、ママ自身がいつもハッピーでいると、その娘にハッピーが伝わって、しあわせな人生を送ることができます。そしてやっぱり、たっぷりの愛情を注ぐことです。これは、男女の性別ではなく、0~6歳の時期の子ども全員に当てはまります。 お話を伺った先生諸富 祥彦 教育学博士 1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。 英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、 千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。 臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。 著書:「男の子の育て方」「女の子の育て方」「ひとり親の子育て」「ひとりっ子の育て方」 (WAVE出版)、「子育ての教科書」(幻冬舎)、「「子どもにどう言えばいいか」わからない時に読む本」(青春出版社)ほか多数。
babyco編集部
男の子と女の子の育て方③しつけの仕方
Q.「しつけ」ってどうすればいいの?A.しつけばかりを優先してガミガミ叱っても子どもには響きません。子どもが40歳50歳のときに響くのが、本当のしつけだと思います。大事なのは、何があっても粘れる、「私は大丈夫!」という感覚をどれだけ植え付けられるかどうかです。 Q.では、「ほめて育てる」ほうがいい?A.それも違うんです。「ほめて育てる」のは行動主義の心理学。「ともに喜んで育てる」のは、今流行っているアドラー心理学です。「ほめて育てる」というのは、「ほめるしかる」上から目線のもの。これをすると、親からほめられるために何かする、叱られないために何かするという子になってしまいます。たとえば、親が見ているときにがんばって部屋を片付けたり勉強したりするけども、見ていなかったら怠けるという子になりやすいわけです。そして、アドラー心理学というのは、自己責任を重んじるもの。「○○してくれて嬉しい、ありがとうね」とか「○○できていると思うよ。次も○○できるよね」といった、信頼と期待を前提とした言葉がけです。 信頼され期待された子は、信頼され期待に答える大人になります。信頼と期待がないほめ方や叱り方をされていると、単に懲罰をされているような感覚にもなります。「ともに喜んで育てる」というのは、勇気づけの子育て。ほめるよりも勇気づけが大事だと思います。 Q.つい上から目線で叱ってしまうとどうなる?A.感情的になって怒っていると、子どもは「ママは、いまイヤイヤしているから、関わりたくないな」と思われるだけです。カウンセリングルームをやっていても、ママからこうしなさいと叱られたから、ぼく今日からこうする、という子なんてほとんどいません。叱られて来る子どもはみんな、「ママ昨日ね、機嫌がとってもわるかったんだ」って言います。叱られてんじゃなくて、機嫌が悪くなったと捉えられているんです。そして、「機嫌がわるいから一緒にいたくないな」「嫌だな」って子どもが思うのは、正しいことです。 Q.ママのイラつく気持ちを収める方法は?A.もし、その場で子どもに感情的になりそうになってしまったときは、ストレスを発散させて、子どもにはいつも笑顔を向け、しあわせそうなママでいることが大事。子どもと向かい合っているときは、1時間に1ぺんくらいは気分転換をする必要があります。イラっときたら、10秒くらいストレス発散してそれですぐに戻ってくる。これをくり返しながらやるとストレスは溜りにくくなります。 お話を伺った先生諸富 祥彦 教育学博士 1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。 英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、 千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。 臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。 著書:「男の子の育て方」「女の子の育て方」「ひとり親の子育て」「ひとりっ子の育て方」 (WAVE出版)、「子育ての教科書」(幻冬舎)、「「子どもにどう言えばいいか」わからない時に読む本」(青春出版社)ほか多数。
babyco編集部
mdi-arrow-up-bold