妊娠線の予防&ケア

 

妊娠線ってなあに?

皮膚が急激な伸びに追いつかず、真皮が裂けて表皮に現れる赤紫色の線のこと。妊娠中は赤紫色、出産後は白っぽい色に変化します。ほとんどできない人から複数できる人と個人差があり、できる場所もお腹以外にも二の腕や胸、お尻、太ももとさまざまです。

妊娠線の予防ケアって?

肌の弾力を保つためには保湿ケアが大切です。出産前の1~2週間はとくに妊娠線ができやすいため、妊娠初期からはじめて、臨月に入っても忘れずにケアしましょう。お風呂上りなどに専用のクリームや美容液を妊娠線ができやすいところにぬり、やわらかくハリのある肌でいられるようやさしくマッサージ。お腹が大きくなったら見えにくいところのお手入れも忘れずに。

妊娠線のメカニズムを知っておきましょう

おなかが大きくなる2〜3ヵ月目から!なによりも保湿が大事!!

専用クリームで保湿マッサージがおすすめです

1 まずは、専用クリームをおなか全体にぬります。おへそを中心に、外側に向かって手のひら全体でゆっくりと10回ほどなでます。

2 下腹部から胸下あたりに向かって、手のひら全体でゆっくりと10回ほどなでます。

3 おへその周囲を、時計まわりに手のひら全体でゆっくりと10回ほどなでます。


ほかにもおすすめの部分マッサージ

◎太もも、おしり…ひざ裏からおしりの付け根までを、両手でゆっくりと10回ずつなで上げます。

◎背中…背骨を中心にして腰上に両手をおき、外側に向かって手のひら全体で10回ほどなでます。

---------------------------------------------------------------------------------------

今回お話を伺った先生 

坂田清美先生/ 助産師。病院、助産院勤務、新生児訪問等を経て、現在は帝京平成大学で看護学生・助産師学生の指導・育成にあたっている。

関連記事