ヨガの時間~便秘の解消~

[addtoany]

便秘の解消

妊娠中は腸の働きが鈍くなり、どうしても便秘になりがち。また、産後は育児に追われて生活リズムを崩し、便秘になる人もいますね。

大切なのは、規則的な生活と正しい食事、プラス適度な運動。「仰向け座り座のポーズ」は、上体を引き伸ばすことで腸を刺激し、便秘の解消に効果的です。リンパの流れもよくなるので、下半身のむくみにも効きます。クッションを使って少しずつ慣らしながら始めましょう。

仰向けの割り座のポーズ(妊娠14週目くらいから)

便秘と下半身のむくみに効果◎

おしりから背中にかけてクッションを置いて行います。

※産後2ヵ月は避けてください。痛みや違和感があるときにはクッションを増やし、快適に。

 

STEP1

クッションを仙骨につけて正座をする。かかとを持って両足を腰の両サイドにずらし、足と足の間におしりをしずめる。両膝は閉じたほうがよいが、難しい場合は開いてもOK。

~足の向きに注意!~

足の向きにが外に開かないように。床が固いと骨が当たって痛いので、ラグやカーペットの上で行うとよいでしょう。

 

STEP2

ゆっくりと息を吐きながら、片手ずつ一歩一歩後ずさりして、ひじで上体を支えながら後ろに倒れる。このとき、膝が浮かないようにする。

STEP3

手のひらを上に向けて両腕を広げる。肩甲骨を少し内側に入れる感じで、リラックスし、腹式呼吸をゆっくりと5回行う。気持ちがよければそのまま何分でもキープして。

~Point~

起き上がるときは、ひじや手で支えながらゆっくりと体をおこしていく。


マイヤース 雪野

ヨガインストラクター/モデル

13歳の時からモデルとして活躍後、パリや東京でメイクアップアーティストとして活動。2004年からヨガ講師として教えはじめ、[K2スタジオ]で2016年11月よりベビーマッサージレッスンスタート。現在2児の母。

http://r.goope.jp/yukino