妊娠・出産・子育てのうわさ話 ウソ&ホント!?①体型


妊娠・出産・育児にまつわる、ちょっと気になるうわさ話。

ママ友や親からも言われるけれど、でも、それってホントのことなの?

ちまたに流れるあのうわさ、このうわさに、専門家がずばりお答えいたします。


①体型のこと

顔つきがキツかったり、
とがったお腹だと男の子?

よく聞く説ですね。でも医学的な根拠はないようです。男児を宿すと胎児の男性ホルモンの影響で、妊婦の顔つきが男性化すると言われていることもありますが、医療関係者が言うというよりは、近所のおばちゃんや親戚のおばちゃんが「きっとお腹の子は男の子よ! だって顔がキツいから」なんて言う場合が多いようです。


妊娠中はできるだけ
ダイエットしたほうがいいの?

答えは「その時の状況による」と言うのが妥当でしょう。ある程度の体重増加は妊娠中には必要です。ただし、医師から体重減少を促された方は、指針に従ってください。とくに注意されていない方は、体重の増加を必要以上に怖がらず健康的な体重増加を目指してくださいね。


背が高い人は安産タイプ?

じつは、背の高さは骨盤の大きさに影響します。産科的に150cm以下の妊婦さんは骨盤が小さく、赤ちゃんの頭が通過しにくいことで、帝王切開や難産の率が高くなります。そのため「背が高いと安産(背が低いと難産)」と言われるのだと思います。


痩せてる妊婦や
高齢妊婦は妊娠線が出やすいの?

妊娠線は、子宮が大きくなることでお腹の皮膚の表面が引き伸ばされます。理屈だけで考えると、お腹の皮膚に余裕がない痩せ型の人のほうが出やすいかもしれません。高齢妊婦さんに関しては、年齢による皮膚の弾力などを考えると、妊娠線が出やすいのかもしれませんね。


監修:首都大学東京健康福祉学部 看護学科助教授 坂田清美先生

ページトップへ