親子のきずなが深まる3つの法則⑥ママとパパが違う遊びをしてくれると赤ちゃんはうれしい! 〜ママの遊び編〜

 ママの遊びのポイントは、赤ちゃんが安心してリラックスできること

ママやパパの声は、生まれる前から「音」としてちゃんと届いているという話を第2回目にしました(→親子のきずなが深まる3つの法則②おなかの赤ちゃんにいっぱい声を聞かせると、ママとパパへの安心感が深まる!)。遊びというと「楽しい」「体を動かす」など活発なイメージがありますが、体をたくさん使う遊びはパパにお任せ。赤ちゃんの遊びには「リラックスする」「気分が落ち着く」といった効果もあるので、ママは赤ちゃんを安心させてあげる遊びをしてあげるのがおすすめです。


やってみよう!①ママの声で安心♡ 赤ちゃん絵本の読み聞かせ

生まれる前から聞いていたママの声は、赤ちゃんが一番安心できる「音」。安心できる声で楽しい絵本を読んでもらうと、赤ちゃんはとてもリラックスできます。また、赤ちゃんは何回も絵本を読んでもらうことで「こんなところにアリさんがいる!」「あんなところにカエルさんがいる!」と、毎回新しいことに気づき、学習するのです。セリフの読み方を変えたり、赤ちゃんが見たがっているな、聞きたがっているなと思ったら反応してあげてみてください。


やってみよう!②みんなでうたおう! わらべうた遊び

ゆっくりとやさしいリズムのわらべうたは、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせてくれます。赤ちゃんの笑顔を引き出す遊びとして、昔から愛されているわらべうたは、馴染みのあるママやパパも多いはず。パパも参加しやすい遊びなので、赤ちゃんとお顔を近づけたり、手足を動かしたりしてスキンシップをとりながら、家族みんなでうたってみましょう♪


お話を伺った先生

森口佑介(もりぐち ゆうすけ)先生

京都大学大学院 教育学研究科准教授。発達心理学を専門とし、子どものセルフコントロールや想像力に関する研究を行っている。NHK Eテレ「すくすく子育て」にも出演中!

イラスト:大塚みちこ

関連記事