妊娠の影響で、体調が思わしくなくて仕事を休みたい…… そんなときは、どうすれば?

職場の人に伝えてスムーズに休めればいいですが、つわりともなると何日も体調不良が続くかもしれませんし、満員電車に乗ると具合が悪くなるような人もいるかもしれません。 

休みを取るなら、「妊娠したことを報告」することがマナーのひとつ。 

そのうえで制度を利用するといいでしょう。


 <母子健康管理指導事項連絡カード> 

ママの体調に応じて、ドクターが必要だと思う職場での処置を、ドクターから事業主宛に書いてもらうカードです。 勤務時間の短縮、つわりによる休業、業務の配置換えなどの措置例があります。 

このカードに書かれた措置は、法律で守るように義務付けられています。 カードを書いてもらうのは有料ですが、自分では会社に言いにくい事情も、ドクターから正式に伝えてもらえるので、必要に応じて利用してみましょう。

 母性健康管理に関する措置は、パートタイム労働者や派遣労働者など、就業形態を問わず、対象に含まれます。


 <通院休暇・健診休暇>

 妊娠したら、定期的に健康診査等を受けるようになります。勤務時間の中で健康診査等を受けるための時間が必要な場合は、会社に申請すれば、時間を確保することができます。 

妊娠23週まで4週に1回、妊娠24週~35週は2週に1回、妊娠36週~出産までは週に1

の受診休暇が認められています。 

有休利用になるかどうかは、会社によって異なりますが、欠勤扱いにしたり、ボーナス査定に影響させることは禁じられています。


厚生労働省委託 母性健康管理サイトへ

https://www.bosei-navi.mhlw.go.jp/ninshin/

関連記事