お腹と腰を守る妊婦帯

おなかが大きくなってきたら、必ず着用してほしい、妊婦帯。

いくつかのスタイルがあるので、自分に合った、快適なものを選びましょう! 


腹巻タイプ 

付け外し、周囲を調整できるので、初期から産後直後まで幅広く使えます。おなかをやさしくサポートしてくれるので、締め付けが苦手な人におすすめ。 


ベルト(サポーター)タイプ 

中期以降はおなかがぐんと大きくなって、腰をそったり、重いおなかを腰で支えたりと、腰痛に悩まされるママもいるでしょう。おなかの丸みを立体的にサポートしながら下から支えるベルトタイプは、そうした腰への負担をやわらげてくれます。周囲も調整できるので、その都度、心地よいフィット感を保てます。


パンツ(ガードル)タイプ 

ずり上がったりすることがないので、外出時や通勤時はパンツタイプがおすすめです。締め付ける一般的なガードルとは違い、立体的なお腹を機能的に支えてくれます。 


骨盤ベルトタイプ 

ママの体は肉付きが変わるだけでなく、出産しやすい体へと骨格から変化します。骨盤もゆるんでくるので、骨盤ベルトでしっかりサポート。骨盤を安定させることで産前の腰痛対策にも。産後はゆるんだ骨盤をしっかり締めて、徐々に産前の状態に近づけましょう。 

関連記事