骨盤のゆがみ予防

骨盤の歪みは体に大きく影響します。


骨盤は、寛骨・仙骨・尾骨の3つの骨から形作られています。

妊娠により子宮が大きくなるのに伴い、それらの骨と骨の結合部分がゆるみ、出産で一気に広がるため、産後はゆるんでグラグラの状態になります。 

通常は3~4ヶ月で妊娠前の状態に戻りますが、骨盤に負荷のかかることをすると左右均等に整わず、歪んでしまします。

歪みは腰、恥骨、股関節の痛みや、尿漏れ、肩こり、脚の歪み(o脚・X脚)など、さまざまなトラブルのもとに。

産後は、左右非対称の姿勢や、片側にのみ負担がかかる動作を避け、「骨盤が正しい位置に戻るのを邪魔しない」ように心がけましょう。 


 

産後1ヶ月は安静に!


・あぐらなどの姿勢を長時間とる

・立ちっぱなし

・赤ちゃんより重たいものを持つなどは避けましょう。




左右対称&まっすぐな姿勢で歪みを予防しましょう。


 

授乳姿勢は前かがみにならないように


おっぱいを赤ちゃんの顔に近づけようとすると前かがみの姿勢に。

授乳クッションで高さを調節すると◎。  


腰掛ける時は脚を組まない


椅子に腰掛けるときに、脚を組むのを避けるだけで歪みの防止に。 

 

抱っこひもを使って肩や腰の負担を軽減


抱っこひもなどを使って前抱きやおんぶをすれば、赤ちゃんの体重が体の左右均等にかかり、負担を減らせます。 


バッグは左右持ちかえる習慣を


いつも同じ側の手や肩でバッグを持つと、左右の肩の位置がズレて歪んでしまいます。
  

歩きやすいフラットシューズ


安定性のないヒールや歩きにくい靴は、歩くときによけいな力が入ってしまうので歪みの原因に。   




今回お話をお聞きしたのは坂田清美先生 
助産師。病院、助産院勤務、新生児訪問等を経て、現在は帝京平成大学で看護学生・助産師学生の指導・育成にあたっている。 

関連記事

ページトップへ