初乳と成乳と赤ちゃんの免疫

赤ちゃんにとって母乳はとっても大事なもの。

特に初乳には本当に重要な栄養素が含まれていて、赤ちゃんの健やかな成長において重要な役割を担ってくれるのです。


おっぱいには「初乳」と「成乳」という種類があるの知ってる?

「初乳」とは?

産後間もなくから1週間くらいにでるおっぱいで、黄色っぽく量もほんのちょっとで、じわ~っと出る感じのものです。

甘さもあまりなく、塩分を含み、赤ちゃんの胎便を排出する働きを持っています。

そして、初乳には、人口ミルクでも太刀打ちできないほど驚くべきパワーを秘めています。

アレルゲンやウィルスに対抗するためのスーパー免疫成分。

これは、成長していく赤ちゃんになくてはならないもので成乳になるにつれてだんだんと薄くなっていきます。1週間~10日で変わっていくのですが、この期間を「移行乳」といいます。


「成乳」とは?

「初乳」から「移行乳」を経て、「成乳」となります。

「成乳」は水分・脂肪・たんぱく質・乳頭・その他と、赤ちゃんの健康と成長を作る栄養素gバランスよく含まれるフルコースです。

成乳のすごいところは、脂肪もたんぱく質もビタミンもミネラルも、ほとんどの栄養が、赤ちゃんの成長に合わせて質も量も変化するという点です。

そのときの赤ちゃんの消化や吸収機能に沿うように、必要な分だけ含まれているんです。


栄養たっぷりのおっぱいを飲んで育つ赤ちゃんはどんな子だと思いますか?

・からだ全体が引き締まり、いわゆるかた太りの体格になる

・顔色がよく、顔全体も引き締まっている(小顔傾向)

・あごやこめかみの筋肉が発達

・胃腸が丈夫

・かぜをひいても回復が早い

・情緒が安定して機嫌が良い

・表情が豊かでよく笑う


母乳の驚くべき効能とは!?

母乳には、脳神経の発達を促す栄養素(タウリンなど)が含まれていたり、口筋やこめかみの筋力を発達させ、脳神経を刺激することも研究でわかっています。

さらに授乳というスキンシップが赤ちゃんの安心やママとの信頼関係を作り、機嫌のいい赤ちゃんは五感も発達しやすくなります。愛情あふれる育児が健全な赤ちゃんの成長を育み、健康なからだはかしこい子どもを作ります。もう、これを聞いたら母乳育児したくなりますよね!



坂田清美先生

関連記事