より安全なお部屋環境を作ろう! 赤ちゃんのための危機管理ガイド⑥ひとり歩き&小走りの頃(1歳半〜2歳)

小走りができるようになり、目を離した隙に視界から消えます


生後半年くらいまでは寝ているだけだからと安心するのはNG! 赤ちゃんがいるお部屋には、大人には気づかないさまざまな危険が潜んでいます。赤ちゃんのまわりに潜む危険を知り、毎日を安全に過ごすための環境づくりをしてあげましょう。


危険と対策を学ぼう①テーブルの角

歩き方が安定してくると、小走りできるようになります。歩くことが楽しくなり、元気よく小走りしてテーブルの角に頭やおでこをぶつける危険性も! 角にカバーをつけて、けが対策をしましょう。


危険と対策を学ぼう②家電製品の穴や隙間

掃除機のホースや空気清浄機など、好奇心旺盛な赤ちゃんは穴や隙間を見つけると指や手を入れてしまうことも多いです。使用後は安全カバーをするなどの工夫をしましょう。


イラスト:babyco編集部

関連記事