より安全なお部屋環境を作ろう! 赤ちゃんのための危機管理ガイド⑤よちよち歩きの頃(1〜1歳半)

ひとり歩きができるようになり、自分で行きたい方向を決めます


生後半年くらいまでは寝ているだけだからと安心するのはNG! 赤ちゃんがいるお部屋には、大人には気づかないさまざまな危険が潜んでいます。赤ちゃんのまわりに潜む危険を知り、毎日を安全に過ごすための環境づくりをしてあげましょう。


危険と対策を学ぼう①歩き方のバランスやスピードコントロール

よちよち歩きの頃は歩き方のバランスが悪いので、尻もちをつきやすいです。スピードもコントロールできないので、なかなか止まることができずテーブルなどに衝突することも。必ず大人がそばについていましょう。


危険と対策を学ぼう②階段の昇り降り

立って階段を昇り降りしようとすると、ふらっとバランスを崩して後ろへ倒れてしまうことがあります。必ず赤ちゃんのおててをにぎって、大人がそばについていましょう。


イラスト:babyco編集部

関連記事