より安全なお部屋環境を作ろう! 赤ちゃんのための危機管理ガイド①ねんねの頃(0〜3ヵ月)

ねんねの頃から注意! 赤ちゃんのまわりに潜む危険を知ろう


生後半年くらいまでは寝ているだけだからと安心するのはNG! 赤ちゃんがいるお部屋には、大人には気づかないさまざまな危険が潜んでいます。赤ちゃんのまわりに潜む危険を知り、毎日を安全に過ごすための環境づくりをしてあげましょう。


危険と対策を学ぼう①ベビーベッドまわり

危険ポイント1 背の高いタンス、タンスの上のもの

対策ものを乗せたり積んだりすると、地震などのときに落下してしまうかもしれません。ベビーベッドの近くには、ベッドよりも背の高いものを置かないように。


危険ポイント2 ベビーベッドの柵

対策寝返りを打ち始めたら、ベビーベッドの柵は必ず閉じて使用しましょう。


危険ポイント3 開けっ放しの窓

対策秋冬は、朝晩に冷たい風が吹くので風邪の原因にも。こまめに換気しつつ、窓は開けっ放しにしないように。


危険ポイント4 エアコン

対策エアコンのホコリや汚れはアレルギーの原因にも。季節の変わり目にきちんと掃除をするよう心がけましょう。


こんな危険もチェック! メリー

メリーがあるおうちは、赤ちゃんの頭上に設置すると落下の恐れがあるので、真ん中~足元のほうへ設置しましょう。


こんな危険もチェック! ベビーベッドまわりのスペース

何か起こったとき、すぐに赤ちゃんのもとへ駆けつけられるように、ベビーベッドの周囲のスペースを空けておきましょう。


危険と対策を学ぼう②ベビーカーで

ベビーカーに赤ちゃんを乗せてちょっとの距離をおでかけするときも、必ずベルトを正しく装着してください。また、赤ちゃんを乗せているときは絶対にスピードを出さないでください。


危険と対策を学ぼう③だっこ紐で

慣れないだっこ紐の装着に一生懸命になるあまり、赤ちゃんを落としてしまう事故もあります。いすなどがあれば、落ち着いて赤ちゃんをしっかり抱えて、座りながら装着しましょう。


危険と対策を学ぼう④入浴で

入浴時は、赤ちゃんから絶対に目を離さないように! 少し目を離した隙に浴槽へ頭からドボンと落ちてしまったり、足をすべらせてしまったりと、乳幼児の溺水事故はとても多いんです。特に注意したいのが、ひとりで立っちできる頃。歩き回る前なら、バスチェアに座らせましょう。あまりお湯をはっていないから大丈夫だろうと気を抜くのがもっとも危険です。


イラスト:babyco編集部

関連記事