妊娠した日から母乳の準備は始まっています

女性の乳房は、思春期のころから、母乳を与えるための準備が行われます。

こういう話は保健体育の授業で習ったかもしれませんね。

思春期になるとホルモンの影響を受けて乳腺が発達しはじめ、胸がふくらみはじめます。

そして、妊娠をするとホルモンの働きが活発になり、乳腺が発達して胸が大きくなってきます。

じつはこの時点では、まだ母乳は出てないんです。

出産によって胎盤が外に出たときにはじめて「母乳を出してもOK!」という信号が脳から出されます。


妊娠中の乳房は、時間をかけて母乳を出す準備をします。


乳房が大きくなったり、乳腺がはってきたり、乳輪や乳頭が少し黒ずんできたり、敏感になってきたり、妊娠前とは違う違和感がではじめます。

こんな風に、徐々に準備が進んでいくんです。

このころによく聞かれるのが「母乳をたくさん出すために、妊娠期間中にマッサージをしたほうがいいのでしょうか?」というご質問です。


ずばり!

妊娠中にはとくにマッサージなどは必要ありません。


気をつけたいのは...


★大きくなった乳房に合うようにブラジャーのサイズを変える

★お風呂に入って清潔にすること。


胸を押さえ込んだり窮屈な状態が続くと、張ったり、痛みが出るおそれもあります。

乳頭の先端が陥没して気になる人は、軽くつまんであげてみるのもいいと思いますが、できれば、産院や、桶谷式母乳育児相談室に相談したほうがいいでしょう。


もうひとつ、たいせつなのが食事です。


妊娠中のママの食事は、おいしい母乳をつくることにつながります。

野菜や米、ミネラルを多く含んだ食品をたくさん食べましょう。

脂肪分の高いものばかり摂っていると、乳腺を詰まらせる原因にもなりますのでご注意を。


とはいえ、医師から言われていないのに、妊娠中に無理なダイエットをすると、ママだけでなく赤ちゃんの健康にも関わってきますので、勝手なカロリー制限は避けてください。

妊娠中も授乳中も、ママがバランスよく栄養を摂ることが、おいしくて栄養満点の母乳をつくることになります。

上質な母乳は、赤ちゃんの脳と体の成長に大きく影響してきます。




桶谷式母乳育児相談室(公益社団法人 桶谷式母乳育児推進協会)
「おっぱいがでない」「おっぱいが痛い」「赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない」「ちゃんとおっぱいが出ているか不安」という悩みを抱えたママたちに、乳房の基底部(乳腺体の後面)の伸展性をよくしておっぱいをスムースに出す、独自の「痛くないマッサージ」を行う桶谷式母乳育児相談室。乳房マッサージや授乳指導援助、搾乳指導援助なども行っています。


桶谷母乳育児相談室は、母乳育児を応援しています!
母乳マッサージやおっぱいトラブルに関する悩みなど、 まずは小さなことでも相談してみてください。


 

関連記事

ページトップへ