赤ちゃんの肌のこと

国立成育医療研究センターから「保湿ケアで赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症率が低下」との研究成果が発表されました。ここ数年、赤ちゃんのスキンケアの重要性がとっても注目されているんです。


それは大間違い!

赤ちゃんのお肌は一見プルプルしているように見えても、まだまだ未熟なんです。

とくに乾燥する冬は角質が傷つきやすく、乾燥、ほこり、バイ菌、ウイルス、アレルギー物質などの外部刺激に弱くなってしまいます。

これらが肌から入り込んだりすると、湿疹やかゆみ、炎症などの肌トラブルが起きやすくなり、

アトピー性皮膚炎や食物アレルギー発症の原因になることもあります。

肌トラブルやアレルギーから赤ちゃんを守るために、デリケートな肌のバリア機能をスキンケアでサポートすることが大切です。


とってもデリケートな赤ちゃんのお肌をママたちは日頃どんなふうにケアしていますか?

外部刺激からきちんと守ってあげるためには、お風呂できれいに洗うこととしっかり保湿してあげることが基本です。


お湯だけでは皮脂汚れは落ちないので、洗浄料をよく泡立てて、ゴシゴシこすらずやさしく手で洗いましょう。ただし、皮脂分泌が盛んな頭にはヘア専用シャンプーを用いて、指の腹を使ってしっかりと洗いましょう。

トラブルを予防するためにもしっかりと汚れを落とすようにしてください。

お風呂上がりにタオルでやさしく水分を拭き取り、保湿剤を顔と体にたっぷり塗ってあげて。入浴後5分以内に肌がしっとりするくらいたっぷりと保湿してあげることが理想的ですよ。

汚れやすい口まわりや、外気にさらされている手足などは特に乾燥する部分。汚れはきれいに拭き取り、食事や授乳の前後にもこまめに保湿剤を塗り直してあげましょう。

一年中室温は23℃をキープして。暑すぎるのは赤ちゃんにはNGです。

部屋の湿度は4060%くらいが目安ですよ。冬は暖房で乾燥するので、加湿器を使用したり濡れたタオルを室内に干して、室内の乾燥を防ぎましょう。

直接肌に触れるものは汗を吸い取りやすくチクチクしない素材を選んで。綿素材がおすすめです。

ウールやレースなどの装飾があるものは皮膚を刺激することもあるので気をつけて。

保温下着も避けましょう。


デリケートな赤ちゃんの肌に使うものだから、保湿剤選びはとっても重要です。

全身には伸びの良い乳状ローション、特に乾燥する部分にはクリームと、使い分けるのがオススメ。「赤ちゃん用」「低刺激」と記載されているものでも、はじめて使うものは手などに試し塗りをしてから使いましょう。

また、できるだけアレルギーテストや安全性テスト済みのものを選ぶようにしてくださいね。

今回お話をお聞きしたのは

坂田清美先生

助産師。病院、助産院勤務、新生児訪問等を経て、

現在は首都大学東京で看護学生・助産師学生の指導・育成にあたっている。


ページトップへ